インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(344)
(258)
(142)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
大長今 料理指導のハン・ボクリョ先生のお菓子
b0048834_1375349.jpg


お友達が韓国に遊びに行って、お土産を送ってくださいました。
ハン・ボクリョ先生のお菓子ではありませぬか!をーっ、有難うございます。



b0048834_13101027.jpg


この間韓国から日本へ遊びにきていた友人がお土産でもってきてくれたどんぐりのお茶を合わせてお茶にすることにしました。

b0048834_1311654.jpg


ハン先生の所の油菓子は軽くてさっくりしていて本当においしい。以前仁寺洞の博統茶院というお茶屋さんで食べた油菓子もとてもおいしかったのですが、このお菓子ポピュラーな割に当り外れが大きいんです。免税店で買った時は油っぽくて歯ににちゃにちゃとくっついて決しておいしいとはいえない代物でした。
「買いたてはもっと軽くてもっとおいしいのだけど」とメールを頂いたのですが、何をおっしゃる、ちょっと日がたっても十分おいしかったです。
このお菓子は後味に生姜のほのかな辛さが舌に感じられるのですが、それが香ばしく甘いどんぐりのお茶との調和を生み出し、それはそれは幸せなお茶の時間を作ってくれました。

b0048834_133377.jpg


今回初めて食べたのがこの四角のお菓子。名前はヤックァ(薬菓)です。菓子の裏面にはケソンヤックァと書かれていますが、ケソンは個性と訳すのかな・・。個性薬菓?薬のお菓子?漢方薬でも入ってるのかな?と意味を辞書で調べてみたところ「はちみつ又は砂糖水と小麦粉を混ぜ、こね、型を作って油で十分揚げたもの」と載っていました。裏面に記してある原材料表示を見たところ「小麦粉、ごま油、食用油(大豆)、蜂蜜、塩」と表記。

油で揚げて蜜漬けなんてさもこってりとしているのかと思いきやそこはハン先生、そんな簡単な味付けであるはずがありません。
小麦粉でかたどられた立方体はミルフィーユ状になっており、そのまま食べたらかなりカリカリに揚げてあるようです。これを蜜に漬けてあるため、蜜漬けの特徴ともいえるしっとり感の中にも固めの触感が用意してあり、そしてこの立方体の上に花飾りとして使ってある松の実のコリっとした歯触りと棗のふっくらとした甘さが味の変化となっておりました。
そしてきっとよい油を使ってあるのでしょう、胸焼けをすることもなく、最初の一口で感じた味わいが最後の最後まで続きました。こんなしちめんどくさい説明をつけていますが一言でいうならば「あまくておいしー」です。
以前トルコで似たようなお菓子を食べた事があるのですが、頭痛がするくらい甘くて一口食べただけでおしまいにしてしまったことがあります。この時は小麦粉の塊を何度も使ったであろう、酸化してるに違いない油で揚げたようなものでとてもじゃないけど食べられませんでした。きっとトルコでも一流のお店で同じお菓子を食べたならまた全く違った印象を受けたと思うのですが(空港の売店で買ったのです)。揚げ物は油が命。
油が酸化してたら何もかもが台無しになってしまうなあと思いました。このお菓子の後味はしっかりと甘いのに悪くない、それよりももう一つ、と思ってしまうのは油に留意しているに違いないとふんでいます。

こちらは直球勝負の甘いお菓子ですので合わせたお茶はすっきりしている台湾烏龍茶を。
大事にひとつずつ食べていたのにとうとう今日、なくなってしまいました。いと悲し。
賞味期限は来年の2月とあったので3か月はゆうに持つのに。おいしいものに賞味期限はいらないのね。

どうも有難うございました。非常に美味でございました。
by mareemonte | 2005-11-20 13:51 | 韓国  | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : http://mareemonte.exblog.jp/tb/3797511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayaya at 2005-11-20 21:39 x
うわーーー。激しく美味そう。
韓国のお菓子ってそういえばあんまり食べたことないな。
辛いものが多い国のお菓子って「THE・甘」(なんじゃい?)
ってかんじの甘さのお菓子が多くない?
要するに遠慮なしの甘さっていう感じ。
これは良い意味でも、悪い意味でも、なんだけどね。
いいなあ、いいなあ。
甘いもの大好き~~。

・・・ところでミシンよ。
どこのどんなのが良いのやらさーっぱりわからんのう。
何人かにリサーチしたところ「ヤマザキ」とかいうのが
良いらしい。
なんかおススメあったら教えておくれ~。
Commented by eripod at 2005-11-23 00:22 x
お気に召していただいてよかったです~。「ケソン」は「個性」という意味なのですか・・・とすると「オリジナル」ということかもしれませんね。この前、ソウルの知り合いに「紫蘇のお茶」を頂きました。それも油菓にあいそうでしたよ~。
Commented by mareemonte at 2005-11-23 10:12
ayayaya、ごきげんよう。
これね、おいしいのよ。でもね、「THE・甘」じゃないんだよね。
特に油菓はふわっとした口溶けで上品な甘さです。ハン先生の所のものは上品だよ、なんかすべて。ちなみにロッテデパートで売られています(明洞の)

だかしかし、以前すごく疲れていた時に思いっきり辛いチゲ鍋を食べた後、大きなチョコレートパフェを食べたら疲れが飛んだことがありました。思いきり辛い→思いきり甘い、という公式は明らかにあるよねー。

ところでミシン。
ヤマザキミシンって通販生活にのってるやつだよね。私も知り合いが持っていて何度か使わせてもらったことがあるのだけど、これってメンテはどうなってるのかなあ・・。
ミシンって止まるとき突然とまってしまうのでメンテが早くて、近くに営業所があるメーカーのものでないと困るのよね。まあ、そんなには壊れないんだけど、でもやっぱりメンテに厚い所のものを私はお勧めします。
Commented by mareemonte at 2005-11-23 10:15
eriさん、こんにちは〜。
ああ、ケソン=個性=オリジナルと訳せばよかったのですね。
なんであんなに油菓ってメーカーによって味が違うんでしょうね。
ハン先生の所のものはおいしいですね。あとケソンヤックァも私はとても好きでした。もう食べ終わったけど(涙)あれだけ油と蜜が使われているのに胸焼けなく何個も食べられるのはいい材料使ってるんでしょうね。
紫蘇のお茶ってどんなのだろう。花粉症によさそうだわ。今度行ったら私もチェックしてきます。
お菓子、どうもありがとうございました!!
Commented by ayayaya at 2005-11-23 19:31 x
ご機嫌いかが~?おほほほ。
参ったー、メンテなんてことは全然念頭においていませんでした。
私の場合は、もし調子が悪くなってすぐに直らなかったら、
間違いなくそれっきり~になる自信が大ありだからね。←何で自慢げ?
ちゅーことはやっぱしある程度名の通ったメーカーのが
いいわね。
うむ。アドバイスありがとう!!
Commented by lukes77 at 2005-11-24 22:21
仁寺洞のふるい喫茶店でこんなお菓子を食べたような気がします!!!!普通の道端で売っているのはギットギトのゲッペイばかりでちょっと韓国のお菓子は駄目かも・・なんて思っていたのですがここのだけは美味しかった気がします。ハン・ボクリョ先生とは有名な方なんですね・・。マレエモンテさんの味の表現はさすがにプロなだけあったとっても説得力があり真剣によんでしまいました(笑)
このお菓子はなかなか手に入らないものなんでしょうか?来月韓国にく営業マンがいてついでに頼んでみたいなぁ・・・なんて調子のいいことを考えちまったもんで(笑)
Commented by mareemonte at 2005-11-24 23:09
AYAYAYAはそしてどこのミシンを買うのであろうか。
同じメーカーでも電子ミシン(高いの)とそうでないものとではメンテの日程が違ったりいろいろあるので是非ともその辺り調べてからがいいと思います。
かわいいバッグが出来るの楽しみにしてるよーん。
Commented by mareemonte at 2005-11-24 23:16
LUKESさん。こんばんは。何故か今日はみんな大文字にしかならないの。何故?
仁寺洞の古い喫茶店って多分博統茶院だと思います。前行かれたと聞いたと思ったけど、そう、そこの油菓はすっごいおいしいのですよ!!さすがLUKESさん!!
ハン・ボクリョ先生は韓国宮廷料理研究家としてその道の第一人者で、お母さまは宮廷料理研究で人間国宝なんですよね。
こちらのお菓子は明洞のロッテでパートで買えます。ちゃんと正式名称調べてからまた報告にいきます〜。
Commented by peas at 2005-11-25 13:26 x
おいしそうなお菓子ですね。そして、素晴らしい料理研究家のお菓子であらせられるのがうなづける高貴なたたずまい....
そして、どんぐりのお茶っていうのも気になります。そういうのがあるっていうのは聞いたことがありますが、頂いたことも見たこともありません。どんな味がするんですか?どうしても道ばたに転がったドングリのイメージしか....栗みたい?
Commented by mareemonte at 2005-11-25 22:54
peasさん、こんばんは。おいしいですよ、このお菓子達。それにね、体にいい味がするのです。
チャングムって土曜の夜のNHKのドラマ(かつての冬のソナタ枠)御覧になったことあります?このドラマの料理監修をされているのがハン先生なのです。宮廷料理で出されていたお菓子なので味はもちろんのこと、栄養面でも吟味されて練り上げられたレシピなのだと思います。
どんぐりのお茶、パックタイプなの。もう一つか二つしかないけど来週幼稚園に持っていくね。会った渡しまーす。飲んでみて!どんぐりのお茶ってね、なんか秋の味がするのよ。
Commented by peas at 2005-12-09 23:37 x
ぐわ〜んっ!マレエモンテ様のコメントに今気付きました。↑
娘っこが幼稚園休みまくっていたので、お会いできなかったです。
あーあっ!あーあっ!どんぐりぃ〜。せっかくの親切なお心遣いを不意にしてすみませんでした。
Commented by mareemonte at 2005-12-10 17:51
ああ、やっぱり・・。どうりでお見かけしないと思いました。
お嬢様、風邪だったのですか?よくなってよかったですね。
どんぐり茶、来週お持ちしますね〜。お楽しみに!
Commented by amazing-charko at 2005-12-14 23:55
はじめまして、charkoです。う、うまそうですね。わたし、十年前に新村に留学してたんです。三世なのですが、まったく言葉がわからなっかたので、、、いんさどんは、大好きです。インチョンになってからは子供も生まれ行ったことないのでいきた〜い!来年は結婚十周年なんで、家族で行って、お約束の有名どころを回って撮る(もち、ウエでイングドレス)アルバムを作ろう!と、いきごんでます。リンクさせていただいてもといでしょうか?
Commented by mareemonte at 2005-12-15 13:00
こんにちは、chakoさん。ををー!あのマトリョーシカの作者の方でらしたとは!リンク光栄です。私もさせて頂きました。これからもよろしく御願いします。
ところで新村に留学してらしたんですか?新村においし〜い冷麺屋さんがあったの御存じですか?去年韓国にいったらアックジョンドンにお店が移ってました。新村、おいしいお店がいっぱいあったのでよく行きました。なつかしいなあ!私は仕事で韓国に行くことがとても多かったんですよ。ホテルで見ていたドラマに言葉が分からないのにはまってしまって、それからハングル語を勉強したんです。インサドンもずいぶんギャラリーが増えましたよ。インチョンが出来る前だったらキンポですよね。キンポとインチョンがあまりにも違うのでchakoさん、驚かれるかも・・。来年結婚10周年なんですね。あ、うちもだ!うちもやっとくか、ウエディングドレスで。でも私じゃとうがたちすぎちゃうわね・・。来年楽しみですね!
Commented by mareemonte at 2005-12-15 13:01
うわー、うわわわわ、名前を間違えてしまいました。charkoさんですよね、失礼しました!
これに懲りずにまたいらしてくださいまし〜。
Commented by amazing-charko at 2005-12-15 19:17
けんちゃすむにだ〜どちらでもいいんです。ブログを読んで韓国に行った気分でうっとりです。さいきんは、新大久保でがまんしてます。
Commented by mareemonte at 2005-12-16 10:19
charkoさん、くれよ?おも、かむさはむにだ〜(ぬんむる)韓国はおいしいものが多いですからね〜。でもたくさん食べてもあんまり太って帰ってこないので嬉しいです。ああ、私もまた行きたいなー。
Commented by amazing-charko at 2005-12-16 11:26
だっはは〜こんなところで、はんぐんまる通じるの、おっかしーね〜ゆかいゆかい〜でも、わし、ここまでレベルなのよ〜。鍵コメしなくてよさそうね。
Commented by mareemonte at 2005-12-18 07:55
charkoさん、おはようございます〜。はんぐんまる、簡単そうで奥深いですもんねー。私もまだまだ勉強中でございますですよ。
Commented by nontan at 2007-08-01 14:33 x
はじめまして!にここに載っていておいしそうだったので、2007.7.30に買って来ました!どれもおいしそうでしたが、四角いパイ状の薬菓の詰め合わせを買ってきました。油が多め~ですが、食べてみると油っこくなく、しかも上品な甘さで最高!!!幸運にもこれが初めての薬菓で他は食べていません。ここで見て良かった。油菓は仁寺洞の美術館近くの伝統茶院で食べました。そのまま読むと油のお菓子だよね。と思ったのですが、軽くてふわふわ、ほんのりあまーい上品な味でした。アイス五味子茶と一緒にまたまた最高!幸せな韓国旅行でした。ありがとうございました。このお店の名前を伝えたいのですが、PCでハングルが未熟者ですので出せません。ガイドさんに聞いたら「チーファージャ」「小さい会社ですよ」と教えていただきました。発音は合ってるかは私の耳では?ですが。真っ先にありがとうございましたを伝えたくて書かせてもらいました。
Commented by nontan at 2007-08-02 09:52 x
↑お店の名前は箱の後ろに 지화자 と書いてありました。料理屋で同じ名前があったので連絡まで。ハングルはまったく分からないので合ってるかは不安ですが。・・・
お店は分かりやすいところにありました。今は大事に食べてます。
Commented by mareemonte at 2007-08-03 22:27
nontanさん、初めまして!食べてくださったのですね。嬉しいです。おいしいですよね、ここの薬菓。そう、油が多めなのに何故か脂っこく感じないんですよね。薬菓はメーカーによってかなり味が違って、例えば免税店などで売られているものは脂っこいものもあったりするんですよね。いやー、よかった。伝統茶院も行かれたんですね。あそこも落ち着いた場所で私も大好きです。五味子茶のちょっと苦い感じと油菓がよくあいますよね。お店の名前、教えてくださってありがとうございます!そうでした、私も思い出しました!
Commented by utako at 2007-08-13 20:27 x
はじめまして☆
この夏、ソウルに行くことがあり、念願のハン先生のお店で食事をしてきました。お料理はどれも唸る美味しさでしたが、最後に出てきたお菓子とお茶がまた絶品でした(涙)一緒に行ったダンナなぞは「このお菓子が一番美味しかった!」と言うほどに・・・。お菓子の様子は、貴女様の記述の通りです。そうそう、そのお店には持ち帰り用の菓子折りがありましたよ☆
Commented by mareemonte at 2007-08-16 08:41
utakoさん、初めまして!ハン先生のお店行かれたんですね!いいなああ!!!私、レストランに伺ったことないんです。おいしいんですね・・(憧)
ここのお菓子って油がたくさん使ってある筈なのにあの軽さ、上品さは何?って思いますよね。旦那様も気に入られたんですね。ああ、このお菓子と冷たい韓国のお茶を飲みに韓国にいきたくなってきてしまいました。
Commented by utako at 2007-08-16 22:49 x
お返事ありがとうございます!3日前に「じーさんとばーさんのブログ」からこちらを知り、貪るように読んでいます。mareemonteさんの食生活は私の憧れです☆食い気で生きている私にとってこのブログは心のオアシスです♪仕事のあとでここを見る幸せったらありません(^-^)
ハン先生のお店ではお菓子と一緒に冷たいお茶が供されました。なんという名のお茶だったか、(サーブされた時に私は席を立っていたのでわからなかったのですが)スイカ色した甘酸っぱい爽やかなお茶でした。両者が素晴らしくマッチしていて、どちらも引き立てあうような組み合わせでした。それにしても韓国に行く前に貴女のブログを知っていれば・・・と悔やまれてなりません!これからも楽しみにしています!
Commented by mareemonte at 2007-08-18 13:12
utakoさん、こんにちは。かの素晴らしきブログからいらしてくださったんですね。私もあのご夫婦のブログ、大好きでちょくちょくのぞきます。あんな風に年齢を重ねていけたらいいなあ・・なんて。
スイカ色したお茶ということは、五味子茶ではないかと思います。甘酸っ
ぱさと苦さが味わえますよね。ハン先生のお菓子と私も一緒に味わってみたいっ!(鼻息)
またこれからも遊びにきてくださいませ!
Commented by 「韓国ドラマ料理読本」日記 at 2008-12-15 19:06 x
はじめましてchapchaeと申します。韓国ドラマをきっかけに薬菓のことを調べていて、mareemonteさんの日記にたどり着きました。ハン・ボクリョ先生の上質でおしゃれなオリジナル薬菓を見ることができて、「なるほどな~」といろいろ納得しました。素敵な写真つきの味についての詳細レポートも興味深く拝見しました。よろしければ私のblog内の記事にリンクを貼らせていただけないでしょうか。突然のお願いですいません。何卒よろしくお願いします。m(_ _)m
<< やきたっての〜、ほっかほか〜♪ 世界の砂比較 >>