インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(344)
(258)
(142)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
ぐりとぐらのふんわりケーキと悲しい思い出
b0048834_8473552.jpg


「ぐりとぐら」という絵本が子供の頃、大好きでした。
今でも健在なんですよね。泡のように浮かんでは消える本が殆どなのに何十年も出版され続け、しかもコンスタントに売れているというのはすごいことだなあ、と思います。もはや日本の絵本のスタンダードといっても過言ではないでしょうね、きっと。

私がどうしてこの本が好きだったかというとそれはずばり

「ばかでかいふんわふんわのケーキの絵があまりにもおいしそうだった」
ということに尽きます。

どんなストーリーだったかは全く覚えていなくって大人になって読み返してから「そうそう、そうだっったよね」と思い出したのですが、絵は克明に覚えていました。
ケーキの黄色が少しオレンジがかっていて火のそばは少しだけ茶色く焼けていて
いかにもふうわり、と出来上がったその様子。

どんなにおいしいのかと
食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて



そして食べてしまいました、本を。


そこで怒ったのは私の母。
「本なんて食べて何考えてるのっ!」
と大目玉をくらいました。

でも本当に本を食べたとき、少し甘いかんじがしたんです。

幼少の私はとても悲しくなりました。
だってもう、すでに本は本ではなかったのですから。
だってそれはすでに私の中ではケーキだったのですから。

大人になって子供を産み、あの「ぐりとぐら」のケーキを子供を焼きたい!
と思っていたのですが子供が卵アレルギーだったのでその夢は実現しませんでした。
だけどそれでよかったのかもしれません。子供の頃の夢を夢のまま今でも持っていられるって事ですからね。

だけどたまに、黄色くてふんわりしたものが食べたくなります。
そういう時は娘が幼稚園に行っている間に一人でこっそりとインスタントのカップケーキを電子レンジで作って「ふんわり」を楽しみます。
これはこれでおいしいし、ちょっと幸せな気持ちになれます。
[PR]
by mareemonte | 2004-11-14 09:07 | 本と料理 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mareemonte.exblog.jp/tb/980147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tototo-naomity at 2004-11-14 13:38
甘くて少しほろっとするお話ですね。。。こどもって大人には想像も付かないような行動をすることがありますね。
私の兄は、斜めに切ってソテーしてあるウィンナーを小人の靴といって、自分の足に履こうとして、ものすごく怒られていました。そんなことをふと思い出してしまいました。
Commented by oishikuikiru at 2004-11-14 19:40
はじめまして。
私もぐりとぐら大好きでした。子供の頃の記憶ってやけに覚えてたりすることありますよね。私はトムソーヤの冒険のイカダ。作りたくて作りたくて。
美味しそうな香りのするブログですね!リンクさせて頂きました。
Commented by mareemonte at 2004-11-15 10:34
tototo-naomityさん、こんにちは。
ウインナーは小人の靴。むーん、その通りですな!もしかして履けそうかも、と今でも思ってしまう私はいったい?(笑)
Commented by mareemonte at 2004-11-15 10:38
oishikuikiruさん、初めまして!
今、そちらを見に行っていました。パリ、どれもこれもおいしそうでうっとりしてしまいました。むかーし、私が行った頃のミュロさんのお店はだーれも日本語は喋ってなかったです。じ、時間を感じてしまいました。
私もトムソーヤ、大好きでした!私の方でもリンクさせて下さいね、よろしくお願いします。
Commented by oomimi_usako at 2009-01-09 21:35
マレエモンテさん、こんばんは。
お正月に初めてこちらに伺ってから、時間があるとあちこち拝見して楽しませていただいています。
もう私、すっかりマレエモンテさんのトリコよ~♪
お撮りになっているお写真、お書きになっている文章、もちろんトピックスとして取り上げられていらっしゃることも私のツボです。
なにやらとても共感させていただける“にほひ”がすると申し上げたら失礼かもしれませんが、でもそうなのです。

だいぶ以前の記事へのコメントとなりましたが、この記事の中の、“御本を食べてしまわれた”幼き日のマレエモンテさまが、微笑ましく、同時にとてもとてもお他所の方と思えないほど共感してしまったのでした。

リンクいただきました!
Commented by mareemonte at 2009-01-10 08:11
oomimi_usako様、おはようございます!!
ををっ!楽しんで頂けておりますでしょうか。それはありがたや、ありがたや~。「にほひ」がしてますか?あらら、昨日お風呂に入ったのに(爆)←その匂いでなく。

幼少時は本を食べてしまうようなあほんだらな子供だったわたくし、10代、20代の時期は人がドン引くようなエピソードがたくさんありまして・・・。きっと大笑いして頂けるようなものばかり・・。今年はちょこちょこ書いていきたいと思っております。是非お腹を抱えて笑ってくださいな。

リンク、有難うございます!私も頂いております!これからもよろしくお願いいたします!!
<< 粉引きの高台 茂木びわゼリー >>