インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
more...
タグ
(344)
(258)
(145)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:器( 14 )
小さくて液だれしない可愛い醤油さし
b0048834_995453.jpg


先日同級生が結婚した時に、神楽坂のやまとなでしこの風呂敷に久谷青窯の器と一緒に包んだ醤油さし。食卓にのせてもかわいらしく、且つ使いやすく、液だれもしない優秀なものだったので、我が家用にも購入。1滴2滴、醤油を少しだけかけたい、なんて時にとてもいいです。




我が家はかき醤油を常備しておりまする。きんぴらとか、炒めてこれだけかけてもおいしいよ。一度お試しあれ~。
[PR]
by mareemonte | 2013-12-06 08:46 |
家でデリカテッセンごっこ
b0048834_1723749.jpg

横浜は開港記念日で小学校がお休みでした。今日は女3人でお昼ご飯作り。お惣菜を沢山作ってデリカテッセンごっこです。
b0048834_14484796.jpg


じゃがいものグラタン
とうもろこしと枝豆のサラダ、
トマトとアスパラ、ブロッコリーのサラダ、
胡瓜とイカのサラダ
玉子のみじん切りマヨネーズ和えが本日のメニュー。

b0048834_14425675.jpg


銘々が好きなように取り分けて食べました。使ったお皿はアカシアの木の皿。木の皿ってパン食にとてもよく似合います。パンの時は殆ど木の皿を使っている。

b0048834_17312116.jpgb0048834_17313426.jpg



















本日の料理番。胡瓜とイカのサラダ、玉子のみじん切りマヨネーズ和えは下の娘の担当。トマトとブロッコリー、アスパラのサラダ、枝豆ととうもろこしのサラダの一部が上の娘の担当。私はじゃがいものグラタンととうもころしと枝豆のサラダのアシスタントを。3人でたらふく食べてから歯医者さんへ検診に行きました。虫歯なし!よかった。食べきれなかった分は冷蔵庫へ。夜も殆ど同じメニューでした。作り置き出来るレシピは便利です。
[PR]
by mareemonte | 2010-06-03 07:46 |
秋田杉 松花堂弁当箱に入れる器達
b0048834_20574787.jpg

以前、銀座の松屋の漆器コーナーで求めた7センチ直径の皿。
大事に使っていましたが、その中の一つにひびが入ってしまいました。
同じものが欲しかったのですが、廃番になってしまったようです。

b0048834_2141179.jpg

これは金沢で購入したアンティークの小皿。5枚しか販売しておらず全て買いましたが、同じデザインのものは二度と見つからないでしょう。

b0048834_20565871.jpg

メタルビーズ・横浜日曜教室(募集は行っておりません)ではお昼御飯のお弁当を秋田杉・曲げわっぱの松花堂弁当箱でお出ししています。その際に松花堂弁当箱に入れる器を季節によって少しずつ変えているのですが、これがなかなか大変。この松花堂弁当箱、仕切りの中が約10センチ四方。通常の松花堂弁当箱の仕切りの中は11センチか12センチ四方のものが多いので、10センチ四方のお皿を探すのは実はとても難しいのです。
コツコツと探して、だいぶ数も揃ってきましたが、アンティークのものや、廃番になってしまったお皿は替えがきかないし、季節ごとに食器を総取り替えなどはとてもじゃないけれどまだまだ出来ない。なので、いつも、常に松花堂に使える食器を探しています。

b0048834_8104575.jpg

松花堂弁当箱に入れる器の条件は

1 小皿は直径7センチから10センチ以内。(揚げ物や焼き物を盛る皿)
2 珍味入れは基本は直径5センチ以内。(ちいさな料理を入れる皿。)
3 数をそろえるので、器を重ねた時に安定感があること。
4 器の大きさは寸分狂わず揃っていること。
5 破損した時に替えがきくこと。(同じものが購入できる状態にあること)
6 数を揃えるという点と、破損した場合の追加購入のことを踏まえて、値段がそこまで高価でないこと。

なにしろ一番譲れない条件は寸法。尺が決まっているので、10センチといったら10センチ。器の個性を生かしているから厚みや大きさに個性がある、なんて器は問題外。尺より1mmでも大きければ松花堂弁当箱には入らないのですから。でもこの探す作業、大変だけどだからといってそれが窮屈だとは思わないです。制限(寸法)の中の自由(寸法内で食器を探すこと)はいくつもの条件をクリアして探し出す宝探しのようでもある。

b0048834_2057977.jpg


だからこのお皿と出会えた時は本当に嬉しかった。セレーのスクエアデイッシュ。

・サイズが10センチ四方。十字の仕切りの中にジャストサイズである。
・作家さんの手作り。味わい深く高級感もある。
・値段もそこまで高価ではない。

寸法についてはkirakiraさんに何度もしつこくメールで聞いたっけ・・。その節はどうも有難う、kirakiraさん!御蔭でとてもいい買い物が出来ました。



b0048834_7272889.jpgb0048834_727418.jpg









4月後半から9月上旬まではスクエアデイッシュ大活躍。左は6月以降の器の構成です。右は5月に使った器達。

b0048834_9154715.jpg



番外編。ガラスのお皿は4月から9月まではヘビーローテーション。松花堂弁当箱で使う以外にも殆ど毎日使っています。パウンドケーキはHさんのお手製。とってもおいしかったです。有難うございます!!


私は納得がいかなければテコでも動きませんが、「これは!素晴らしい!」と思ったものは全力で応援したくなってしまう人間でもあります。いくら友達でも自分が納得いかないものを紹介するのは誰に対しても誠意ではないと思っているので。kirakiraちゃん、ピックアップブロガーおめでとう!!スクエアデイッシュは本当にいいね。とても気に入っています。こんな頑固者ですが、これからも仲良くしてね、kirakiraちゃん。
[PR]
by mareemonte | 2010-05-23 20:57 | | Trackback
ガラスの器
b0048834_0323053.jpg




この夏実家から譲り受けてきたガラスの器。
子供の頃から私はこの器が好きだった。
[PR]
by mareemonte | 2007-09-01 00:37 | | Trackback
舟と葡萄
b0048834_21174756.jpg



大漁旗をあげろ〜〜〜〜!!

珍しい葡萄を頂きました。
[PR]
by mareemonte | 2006-08-10 21:34 | | Trackback | Comments(6)
柴田慶信さんの秋田・大館曲げわっぱの松花堂弁当箱
b0048834_1114664.jpg


本日5月10日です。柴田様よりご連絡を昨日早速頂きました。
5月10日から15日まで玉川高島屋で「一郷一品すぐれもの市」
5月30日から6月5日までは日本橋三越の特選和食器売り場にて一人展の催しがあるそうです。どちらも柴田慶信さんがいらっしゃるそうです。

春休みに新宿伊勢丹の分けとく山にご飯を食べに行ったとき、食器売り場に立ち寄りました。目的は陶器の珍味入れ探しだったのですが、たまたまその時柴田慶信さんの曲げわっぱの作品の展示が。ふらり、とただ見るつもりがこのお弁当箱と目があってしまいました。

私はスプーン一つ買うのにもうじうじぐだぐだ悩むだけ悩んで結局買わない、なんてことがよくある買い物優柔不断王なのですがたまにとんでもない決断力を発揮してしまうことがある。この松花堂弁当箱がそれでした。見た瞬間「これを買います。」値段も聞いてないのに買うことは決めていた。実際高くて揃えで買うなんてできなかったので毎年一つずつ買っていこうと思ったのでした。

使い心地はすばらしい。手にもったとき清麗な空気を含んだ杉に体が浄められるような気持ちになる不思議な感じがあります。軽く、においもよく、ああ、弁当箱よ、家に来てくれてありがとう、と思います。

b0048834_11182190.jpg


この方が柴田さん。お箸のこと、音楽のこと、お料理のこと、おむつのこと、言葉のこと、まー話す話す話す!(笑)情熱大陸なお方でございました。私が柴田さんと話をしている間、母と子供たちはおもちゃ売り場へ・・。

熱くて一生懸命で嘘やごまかしのない印象を喋っていて受けましたが、作品を使ってみるとそれは確信に変わりました。真面目に取り組んでいる人の作品はパワーをもらえるのでとてもいいです。都内のデパートでもよく展示会をなさっているようです。あとはクロワッサンの店などでも本物を触れるようです。ぜひ触ってほしいです。

今回このお弁当箱があまりにも私のツボだったので普段用のお弁当箱も欲しいなあ、と思っているところ・・。
[PR]
by mareemonte | 2006-05-05 11:28 | | Trackback | Comments(23)
本日器棚の大掃除
b0048834_1093057.jpg



本日は比較的に小さな和食器を収納している棚の大掃除です。
ここは六寸、向付の皿、お手塩皿、煮物椀、高台などこまごましたものが全部入っているので掃除するのも一番億劫なんですよね・・。
食器を全部出して棚にたまった埃をとろうと思ってるのですがめんどくさー
骨が折れそうだと棚を開けては閉め、開けては閉め・・。
でも今日は師走で晴れている!そんなに寒くない!じゃあ今日しかないじゃないか!
気合いだー!
気合いだーっ!
気合いだーっっ!!!


うう、頑張ります。





b0048834_18374974.jpg


はい、頑張りました。鉢とか大皿を置いてある棚も掃除して、庭も掃除して冷蔵庫も掃除して、手がガサガサでーす。この手でストッキングはいたらたちまち伝染ですがな。
まあ綺麗になったからいいんだけど。掃除された部屋って気持ちいいなー!

がしかし、掃除に猛ダッシュしていたら晩御飯のこと何も考えてなかったっす。
冷凍庫の御飯とありあわせの野菜を入れて雑炊で簡単にすませます。
ああ、よかった、終わって。
来週は年賀状だ!えいえいおー!!
[PR]
by mareemonte | 2005-12-10 10:23 | | Trackback | Comments(10)
お皿に絵付けを自宅でしてみる
b0048834_13473199.jpg


夏休みもそろそろ終わりになってきました。
今日は上の娘はお泊まり保育に行っていてちょっと家の中が静か。
下の娘も寝てしまったのでこんな器を作ってみました。
何にでもあわないシンプルじゃない、あくの強い器が欲しかったので色と色をぶつけて
柄も細かくちまちま描いてみたらなんだかイスラム色の強いモザイク風なものになってしまった。所要時間は家事の合間にしながら3〜4時間でした。これだけに集中したら半分くらいの時間で出来たと思います。

作り方は
[PR]
by mareemonte | 2005-08-27 14:01 | | Trackback | Comments(7)
お米はオンギに入れています。
b0048834_1622012.jpg



ずっとお米の収納に困っていたのですが最近素敵な器を見つけてこれに入れています。
これは韓国の器でオンギといいます。通風性がよく、発酵食品であるキムチなどの収納に最適とされているものですが、これは冷蔵庫に入るような小さなものから傘立てになるような大きなものまでいろいろな大きさがあるのです。
この写真のものはちょうど5合が入る大きさのもの。韓国のインサドンという所で見つけました。通風性がいいということはもろく割れやすい、という事と同義であるわけなので持って帰ってくるのに手持ちにして気をつけて帰ってきたのですが、苦労して持ってきてよかった。オンギ自体に雰囲気があるので外に出しておいても気にならないし、むしろ素敵です。これがビニール袋に入ったお米がむきだしだと可愛くないのにね。

オンギは花瓶などで使うと花もちがいいそうです。インテリアとして使っても素敵なので韓国に行く度に買い揃えていきたいものの一つです。
[PR]
by mareemonte | 2005-05-23 16:30 | | Trackback | Comments(10)
パンを盛る篭
b0048834_932135.jpg



これはかなり前の画像なのですが、上海に行ったときの朝ご飯。
パンがアンティークの篭に盛られて出てきました。

旅行に出てホテルに泊まって朝食がビュッフェスタイルだとパンってどこでも登場しますよね。そのどこでも見かけるパンがその国らしく見えるのは一重に盛り付けにあるように思います。

以前京都にお住まいのザイラー夫妻のピアノデュオを聞きにいった事があります。
自宅での小さなピアノコンサートでした。
茅吹きで黒光りした板の間にグランドピアノだけがあって、窓の外は青い竹林でした。
お客さんはみんな板の間に好きに座っていいのですが、とても混んでいたので皆さん体育座りをして聞いていたようです。

コンサートが終わってからザイラーさんが
「今日は来て下さってありがとうございました。とれたてのお米があります。おにぎりにしましたので皆さん、召し上がって下さい」
とこの写真の篭よりももっと大きい篭に入れたおにぎりを持って客席をまわって下さいました。
おにぎりは塩もついてなくて、ただ、米。
でもおいしかった。とれたてってこんなにおいしいのかと。
ザイラーさんはお米も自分達で育ててらして、合い間にピアノを弾いてるんです、なんて笑いながら話してらっしゃいました。

その時のおにぎりの入った篭の姿があまりにも印象的で頭から離れなかったのですが、またパンを入れられた篭の姿を見てこれもすごく素敵だったんですね。
いい器は何が入っても素晴らしく映り、しかもひきたてるものですね。
いつか欲しいなあ。 
[PR]
by mareemonte | 2005-04-07 09:49 | | Trackback | Comments(4)