インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(344)
(258)
(142)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:美味な店( 49 )
横濱屋のラーメン
b0048834_10132390.jpg



この週末はバイオリンのクリスマス会。合奏は楽しくていいの〜。
午前中で終わったのでお昼は外で食べよう、さてどこに行こうかな〜、と車を走らせていたら駐車場が満杯になっているラーメン屋発見。お?なになに?
ということでこの日のお昼はラーメンに決定でーす。

葱ラーメン790円。
スープは豚骨。お店のおすすめメニューに「麺固め、汁濃いめ、油多め」となっていたのでその通りに頼んでみました。うむー。血気盛んな10代男子ならいいのだろう30代主婦にはちと濃すぎた・・。私には麺固め、汁濃いめ、油なしでよかったんだろうなあ。しかし葱のしゃっきりした辛みが濃さを中和してくれたので完食。なんだかんだいっても完食。しかも餃子8個つけてこれも完食。←あんた十分野郎全開ですがな。
さすがに食べすぎてしまったので夜は何も食べられませんでした。
子供はハーフラーメン麺固め、汁薄め、油なし。二人とも完食。ラーメンって子供好きですよね。大人も好きだけど。ラーメン嫌いって人、会ったことないもん。
お店はこちらです。寒いうちにもう一度くらい行っちゃおうかな〜。
by mareemonte | 2005-12-19 10:27 | 美味な店 | Trackback | Comments(10)
名古屋の文化 コメダ珈琲店 鶴川店
b0048834_10442490.jpg


「土曜の朝の8時だというのに大きな駐車場がいっぱいになっていたお店があった。あれは一体なんだ?と思って行ってみたらすごい量が出てくる喫茶店だったの。しかもね、珈琲を頼むとパンとゆで卵がついてきて380円なんだよー」

と夏に友だちに聞いてから行きたくて行きたくてムズムズしていたコメダ珈琲店に行って参りました。(コメダ珈琲店の公式ホームページは工事中。コメダ珈琲、で検索するといろいろ出てきますのでもしよろしかったらご参考まで。)

私と子供達が行ったのは午後だったので珈琲頼んでパンとゆで卵がついてくるモーニングは終わっていたのですが、メニューをのぞけば何やら不思議なものがたくさんあるので頼んでみることにしました。



b0048834_1053971.jpg


私が頼んだのはコーヒーシェーク。480円。
メニューは写真入りなのですが「こここ、これはなんぞよ?蓋つき瓶に入ってるのかね?」と真相が知りたくて頼んでみたら本当に蓋付き瓶に入ってきた。この蓋つき瓶に家ではピクルスが入って冷蔵庫に入ってるけどここでは飲みものが入ってきた。プチ衝撃。

b0048834_1055552.jpg


蓋を開けたらやっぱり瓶。「ああ、蓋つきの瓶でもストローさすとこっぷがわりになるんだなあ」と妙に感心する。そしてなぜか、なぜなんだか飲み物におつまみがついてきた。しょっぱいお豆です。ふと隣のひとのコーヒーに目をやるとその人の所にもおつまみのお豆がついていた。ここは飲み物を頼むとしょっぱいお豆がついてくるらしい。

b0048834_10582829.jpg


コメダ珈琲店の名物なんだそう。ミニシロノワール 390円。
ミニを頼んだのですが十分大きい。これ普通のシロノワール頼んだらどのくらいのものが来るのでしょうか。あたたかいデニッシュの上にソフトクリームがのっています。
そして蜜がついてきます。
「かけてお召し上がりください」と店の人は言っていましたが、ここに蜜って、甘すぎになりそう・・。と思ったがかけてみたらホットケーキみたいでおいしかった。

b0048834_1111316.jpg


卵サンド好きの次女が頼んだエッグサンドイッチ 460円。
一目見て無言になるくらい大きかった。一つ食べただけでお腹がいっぱいになってしまった次女だったのでその後は私が引き受けたのですが(だから太る)完食出来ませんでした。

b0048834_1133970.jpg


アイス好きの長女が頼んだのがフルーツソフト 500円。
食が細い長女は半分くらい食べて目が虚ろに(笑)

b0048834_1174916.jpg


斜め向かいあたりに白州正子さんの暮らしていたお家があります。
行った日はお休みでしたが営業している日はきっとコメダでお茶したりお昼を食べたりするおばさま方がたくさんいるに違いない。

私は横浜に来る前、岐阜に住んでいたのですが、岐阜駅の駅前にマエダ珈琲店という喫茶店があり、そこは珈琲を頼むとフルーツの盛り合わせがついてきたんですね。フルーツ屋さんが前身だったせいらしいのですが、でも中部地方の喫茶店っていろんなものがついてサービスいいから好きです。メニューもどことなく面白いし。
by mareemonte | 2005-11-23 11:13 | 美味な店 | Trackback | Comments(26)
鎌倉の食卓 木いちごのクリームチーズスプレッド
b0048834_1341926.jpg


第一回目のチーズ食べ比べの会の時にお土産で頂いてあんまりにも気に入ってしまって早速取り寄せたのが鎌倉の食卓 木いちごのクリームチーズスプレッド ブルーベリー。
このお店は2005年の4月にオープンの新しいお店です。ここは長野の小諸市にある
セルフィユの直営店でもあるんですね。セルフィユといえば今をときめく鎌倉のろみさんのお店と同系列でもあります。

クリームチーズとブルーベリーを自分で合わせてもこんなに絶妙な柔らかさに仕上がらないんですよねえ・・。瓶もシンプルでかわいらしい。山形の清川屋のフルーツソースもそうだけど、国産のジャムメーカーってすっごいおいしいものがたくさんありますね。これ、輸出したら受けそうです。

我が家はもう既に3瓶目。お店に行くとホームページでは買えないものもあるらしいです。マンゴーがごろごろ入っている瓶詰めはホームページ上では買えなかったな。
目眩がするほどおいしいのだそうです。これは近々鎌倉ツアーだな。

いつもおいしいものを有難うございます!またおいしいものを食べる会を催しましょう!
by mareemonte | 2005-11-15 13:20 | 美味な店 | Trackback | Comments(8)
楽庵のパンとCANTINのバターと
b0048834_10374896.jpg


今週のおいしいもの倶楽部はcelicciって誰?のcelicciさんとRobotinoさんに頂いたCANTINのバターを食べてみる会といたしました。
そしてそんなにおいしいバターがあるなら、と倶楽部のひとが朝買ってきてくれたパンが「楽庵」のパン。
楽庵は町田市の成瀬という所にあります。町田ってチクテといい、おいしいパン屋さんがあるんですよね。
ここのパンは小麦の味がおいしい。ルヴァンで修行されていたそうで、粉もルヴァンで挽いてもらっているのだとか。日本産の小麦にこだわっているのだそうです。
私はここのミルクフランスがとーてーも好きです。クリームは甘いのだけれどパンがしっかりと噛みしめるような味わいなのでクリームの甘さが勝たないんですよね。バランスがとれている逸品です。
でも今回はいちじくのパンとか他のものもいろいろ買ってきてくださって、そのどれもがおいしいので感心しました。パンに愛があるなあと思いました。

そしてCANTINのバターを食べてみた
by mareemonte | 2005-10-14 11:00 | 美味な店 | Trackback | Comments(10)
ミラヴィル
で、出遅れましたが私もご報告。
おいしいもの好きのブロガーさんに誘われてお食事会に行って参りました。
場所は神泉にあるミラヴィル
夜からの食事なんて何て久しぶりなんでしょうか。ドキドキ。


ドキドキしすぎた私は何と!前の日に行っちまいました。
お店で「は?7名様の予約は明日では?」
「そそそ、そんなはずでわっ」
と確認しようと携帯を取り出すとそこには日にちががっつりと「10/8
と表示してあるではありませぬかっ。
がーん。約束の日は10/9なのねー。ぎょー。
すごすごと帰る私。でもこれでバスの乗り方も分かったし、明日はすんなり来れるからいいんだもーん。←おばかなだけ

基、10/9でございます。
またしても緊張のあまりかなり早くついてしまった私。
なんと!店が暗いではないかっ!!!
「げー!!!!!またやっちまったのか!」と大声で叫んだ私、周りのおじさんがぎょっとして振り返っておりました。でもでもでも。きっとここでちょっと待っていたらお店に灯りもつくはずだわ・・。

どきどき・・。


ををを!灯りがついた!(感涙)えがった。えがった、ほんと〜にえがったよ〜。

とそこに皆様がぞくぞく到着。

という事でお食事会のはじまり、はじまり〜。




b0048834_1014561.jpg


まずは前菜。
北海道産のザリガニとうきしま(と聞こえた)産の鱧のクネルのスープ。

b0048834_1054593.jpg


私が気に入ったのはこれなんですけど、葉玉葱となんちゃららしいんですけど、お酒が入ってしまったのでよく覚えてないです。でもおいしかったです。

b0048834_1071462.jpg


お肉は私は鶉にしてみました。
さっぱりとしていておいしかったんだけど、骨のあたりが食べずらくて口の中で格闘しまくってしまいました。

b0048834_1084941.jpg


デザートはガトーショコラ。


私はずっと何年も禁酒してまして(ひどい酔っぱらいに大変身するため。電車に靴を脱いで乗ろうとしたり)この日もお水にしようかと思ったのですが。
が。
でもシャンパンを頂きましたらですね、これがふんっっっっっっと〜〜〜〜〜においしかったんですよ。あれ、なんて銘柄なんだろう・・。お店に聞いてみよう・・。
お酒のセレクトをしてくださったcelicciさん、ありがとう!その後飲んだ白も赤もすこぶるおいしかったです。

メンバーは
samanthaの食卓のサマンサさん
celicciって誰?のcelicciさんと旦那様のRobotinoさん、
coruha*のへそのlukes77さん、
Azumi_Diaryのazumiさん、
stew stew stew!のgudigudiさん

という豪華メンバー。みなさん、おいしいものを食べてらっしゃいます。まあ、出るわ出るわ、食べ物の話しが!レストランの話しが!楽しかった!
今度はバンバン喋っても大丈夫なお店で集いましょう。ちょっと喋り足りなかったよね。くふふ。
by mareemonte | 2005-10-11 10:10 | 美味な店 | Trackback | Comments(14)
東京都大田区 撮影の時はOKAKAのおにぎり
b0048834_7185856.jpg


雑誌の撮影の時はそれがロケ現場であったり、スタジオであったりいろんな所で写真を撮るわけですが、御飯問題というものがあるのです。

朝から撮影をしてもそれが昼前に終わるという事はそうそうないので現場でみんなで昼御飯となるのですが、外にランチをしにいく状況ではないので、弁当をとるか、おにぎりなどを食べるかの選択しかないわけです。

でも外ロケだったりするとお弁当よりおにぎりの方が食べやすいんですよね。
スタジオ撮影だと机と椅子があるからお弁当でも何ら問題はないですが、撮影がおしてしまうとおにぎり食べてぱぱぱぱーっと撮影をしなくちゃいけない時もある。

そうするとおいしいおにぎりを食べる事はとても楽しみになるわけです。

今回紹介するのはいろんな雑誌の撮影の時のロケ弁としてその筋では大変有名な「OKAKA」のおにぎりです。

カツオ節専門店の息子さんだった社長だけに素材選びはしっかりしていてお米も海苔もとてもおいしい。具のバリエーションも豊富です。

激務の編集者や体が資本のモデルは
食べ物に気を使っている人がとっても多いんですよね。特にモデルは年齢があがるにつれてハンバーガーなどは好ましくないらしく。すごく忙しい現場だからこそ手軽に栄養補給出来て、それがきちんとした食材のものがいいようなのです。
そんな人達が絶大の信頼を寄せているおにぎりだからもっとマスメディアに登場してもいいのになー、と思うのですが、社長は「手を広げすぎるとクオリティが下がるから嫌だ」と取材もなかなか受けないんですよねー。社長、手伝いにいきますってば。←これがクオリティを落とす事なのかもしれん。

昨日久しぶりに社長に会ったのでおにぎりを御馳走してもらいました。あいかわらずおいしー。また遊びに行きますね!
by mareemonte | 2005-07-25 07:44 | 美味な店 | Trackback | Comments(10)
田園調布 パテ屋のパテ
b0048834_1043193.jpg



先日仕事の納品で近くまで行ったので清水ミチコさんがバイトしていた店というのでも有名な(そうなのか?)田園調布のパテ屋に行って参りました。
田園調布みたいに古くからのお屋敷街って独特の空気が流れてます。店は大きな道路から入ってすぐの所だったのですぐに分かりました。緑が美しい。

b0048834_109510.jpg


中庭があってお花がたくさん咲いていて、奥には「えんがわ」と呼ばれるカフェが。本を読んでくつろいでいる人がぽつぽついました。田園調布の友達の家にお呼ばれしました、という雰囲気のカフェでした。駐車場がないので今回は断念しましたが今度電車に乗って行きます、絶対。すごくいい、ここの空気。


b0048834_10154513.jpg


パテ屋さんは入り口を入って左側。
も。もしかしてここって昔玄関でなかったのではないでしょうか?
可愛い山子屋風。
清潔な店で働いている方も飾らなく、折り目正しい方ばかりでした。
接客が気持がよくて店内が清潔だと特に食物を扱う店だとなおさらの信頼が生まれますよね。
買っている時、奥のつやのある光った廊下が見えました。昔の家って廊下があったよね、そうそう・・なんて思い出してみたり。米ぬかで磨いたようなしっとり感がある廊下で懐しい気分になりました。

買っている時、お店のオーナーがいらしました。
化粧のない肌で三角巾をんかぶってらして地味にしてらっしゃるのですが、一発で品があるのが分かるんですよね。ものごしや視線の配り方、声のトーン、こんな風に年を重ねていけたらいいなあ。素敵な方でした。




今回はレバーペースト、ポークリエット、フムスの3種類を購入。
レバーペーストは動物の肝臓を加熱調理してペーストにしたものでポピュラーなものですよね。
おいしかった。200グラム買って「これなら週末も楽しめるなー」なんて思っていたのですが甘かった。後をひくおいしさでバケットを食べる口が自分でとめられない。
だれかー。たすけてー。
ポーくリエットは豚の肩ロースと背脂を煮溶かして水分を飛ばしていくものですが、水分が飛ぶのにしっとり仕上がっているのは脂肪分が高いからなんでしょうね。ねっとりとしていてコンビーフのような、ツナのような感じもしますがこれもすっごくおいしい。
フムスはひよこ豆のペーストです。ひよこ豆ってなんでひよこなんでしょうか。ピヨピヨ言うわけでもないのに。いつも「ふふ。可愛いかも」と思います。ガルバンゾー豆とも呼ばれますよね。これはいつもガンバルゾー豆と読み違えます。
若干酸味も感じられます。私は中近東の料理が好きなのでこれはかなりヒットしました。

こってりしたパテを食べる時、アボガドのポン酢かけがとても合います。
今日の朝ご飯はおいしかったわー。

他にも茄子のペーストやクリームチーズのペーストなどもあります。
どれも完成された味で「こっちはおいしいけど、こっちはどうなの?」などという味のばらつきがありません。どれを食べても間違いがない。きっとこのレシピ達を作りこむまでに随分試行錯誤されたんじゃないでしょうか。

パテ屋さんはホームページ、ないんです。残念。でもまたそこが昔ながらっぽくていいようにも思います。
by mareemonte | 2005-04-21 10:45 | 美味な店 | Trackback | Comments(8)
萬惣フルーツパーラーVS銀座千疋屋のフルーツサンドイッチ
b0048834_10541938.jpg



春休み最後の日は上野でやっている恐竜展を見に行きました。
高速が事故渋滞でまるで動かなかったので途中で降りてお昼を銀座で摂ることに。
銀座のウインドーはもう春まっさかりでした。上の写真はコーチのウインドー。
春に浮き足だつ気持ちになるのはカラフルな色をたくさん見るようになるのもあるでしょうね。

お昼は銀座千疋屋でフルーツサンドを食べる事が目的。
だけど探しても探しても店がない。
そんなに記憶力悪くなってしまったか、と落胆しながら仕方なく店に電話する。

「すみません、場所を教えて下さい」
「今、どこですか?」
「和光の前です」
「三愛がありますよね」
「はい」
「そこの並びなんですが」

そこの店は分かってる。私が行きたいのは大きい方の店なんだ。
でもお腹が空いて子供がやんややんやうるさいので小さい方の店に行く事になった。

b0048834_112253.jpg


このフルーツサンドは私の子供の頃からの味だ。
銀座へ行けば必ずフルーツサンド。
母の買いもののつきあいは嫌だったけれど銀座に行けばフルーツサンドが食べられると思うとしっぽを振ってついていったものだ。
しろい柔らかいパンに上品で軽やかで柔からな生クリーム、そこに挟まれる果物。
こんなに世の中にうまいもの、あるべえか、と子供の私は思っていた。

やっぱりフルーツサンドは今日もおいしかった。
子供の頃はただ感激していたサンドイッチが何故おいしいのが今はよく分かる。

果物が違うのだ
はさまれている苺もメロンもりんごもなにもかもがおいしい。
普通家で果物を食べる時はおいしいものは生で食べて、フルーツサンドイッチに入れるなんてことはしない。ここのサンドイッチはおいしい盛りのものがサンドイッチの中にこんもりと入っているのだ。おいしくないわけがない。

あっといいう間に食べ終わった。

水をつぎにきてくれた人に
「あの、もっと新橋寄りにお店ありましたよね、たしか7丁目あたりに」
「ええ。8丁目にあったんです。あったんですけど、もう5年になりますかね、閉じたんですよ」
「そうですか。」

あの店、もうないんだ。

8丁目の店は大通りに面していて、窓一面がガラスばりになっていた。
でも今の建築のように一面で強化ガラスなんていうものではなかった。たくさんの仕切りが入っていて、その傍にはたくさんの植物が置かれていた。
壁にはツタ科らしき植物がが高い天井までからまっていてジャングルみたいだった。
テーブルはタイル製で、椅子は白いアイアン製。床は黒と白の大きなダイヤ柄だった。
雰囲気も何もかも石原裕次郎の若い頃に出てくるような映画のセットみたいだった。

あの店の窓際の席に座ってフルーツサンドを食べたかったんだけどな。



b0048834_1119458.jpg


恐竜展はとっても面白くて時間ぎりぎりまで見た。
お腹も空いて、夕食も食べて帰ることにした。
夜もフルーツサンド。完璧にはまってしまったかも。
ただ、店は変える。夜は神田の「萬惣フルーツパーラー」にした。
こちらのフルーツサンドも有名だったから食べてみたかったのだ。
神田は行くとどうしても蕎麦に走ってしまって、食べる機会がなくて今回初めて食べた。

こちらのフルーツサンドは銀座千疋屋と違って生クリームがしっかりとしている。
だからパンにはさまって包丁が入ってもクリームもすっぱりと、エッジが鋭く切れていた。柔らかい生クリームをこんなに切れ味よく仕上げるなんて包丁、よく研がれてますねー、と感心する。中にはさまった果物は苺とキウイ、パパイヤ、バナナ、パイナップルでこちらの店のなるほど高級フルーツパーラーだけに果物自体が非常に美味。


どちらがおいしかったか。
私は銀座千疋屋だった。
それは何故かといえば思い出の味だから。
萬惣フルーツパーラーが小さい頃の味だったら迷わず萬惣だったのだろうけれども。
思い出の味は小さかった頃の風景も一緒に味わえる。

八丁目の店で私がフルーツサンドを食べている時、母はコーヒーを飲んでいた。
そのコーヒーカップは黄色で白いタイルのテーブルによく似合っていた。
私はうまれてはじめてそこでコーヒーを飲んだ。
母のを一口飲んだ。
苦かった。
でも大人びたかったので苦いとは言わなかった。

この日食べたサンドイッチはそんな思い出も一緒に食べた。

だから、おいしかった。

家の子供達も桜が咲く頃にあそこでフルーツサンド食べたな、と大人になってから訪ねたりするのだろうか。

願わくば店がずっとそこにあり続けるように。
by mareemonte | 2005-04-09 11:24 | 美味な店 | Trackback | Comments(10)
ハムとチーズのガレット
b0048834_9394062.jpg



渋谷のオ・タン・ジャディスに上の娘と行きました。
2階がリボンやボタン、刺繍の材料のおフランスの香り漂うお店で私はボタンを買う用事があったのだけどもこういう店に行って目的を果たしたからといってすぐさま出てこれるはずがあろうものか?いや、ありはしない。(反語)

かるーく一時間はいたであろう。そしてとってもお腹が空いてしまったので下の喫茶に寄ることに。
こちらはは甘いクレープとお食事にもなようなガレットのお店です。
今日は私はカフェオレ、娘はピーチジュース、そして二人でシェアして食べるようにハムとチーズのガレットを頼みました。


b0048834_9535729.jpg

かりかりで中のチーズはとろとろですごーいおいしかったのだー。
あさつきとピンクペッパーが適度にふりかかっていてこれもまた味の隠し味。
かなり大きいのでこれ一枚でおなかいっぱいになりました。

b0048834_9554896.jpg

このお店って子供連れにとても優しいのです。いつも小さなお菓子をもらってしまう。お店の人もみんな感じがよくて優しくてお洒落で可愛いので渋谷に行くとついついここでお茶してしまうんだよな。
カフェオレもたーーーーっぷりのカフェオレボウルで供されます。
テーブルクロスもおフランスで心くすぐられるのだー。
店内の雰囲気もよいのだー。
やっぱりいつ行っても好きだ、ここ。
by mareemonte | 2004-12-19 09:57 | 美味な店 | Trackback | Comments(2)