インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(344)
(258)
(142)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
カエルの運命や、いかに&ブログお休みのお知らせ
b0048834_2259497.jpg



娘の友達の兄妹がえらい喧嘩をしていた。何事かと理由を聞くとお兄ちゃんが蛇をとってきて妹が飼っていたカエルを餌にしてしまったそうな。そら喧嘩になります。



上の写真は香港で食べたカエルの脂肪。美肌効果にいいです。
美肌効果としては
燕の巣>フカヒレ>カエルの脂肪
だと思います。カエルの脂肪が一番マイルドな効き目。なので子供が食べても平気。
フカヒレ、上の娘は香港で食べたその次の日7歳児でありながら肌がとっても美しくなっており、髪もツヤツヤになっており、鼻血を吹いておりました。効き過ぎ。カエルの脂肪は胃が痛い時にもいいです。コーヒー飲み過ぎて胃が荒れるとこれを食べたくなるんですよね。ココナツスープとよく合います。甘くして食べると美味。






i photoがとうとう写真を読み込まなくなりました。コンピュータ、入院します。というわけでブログは当分お休みいたします。では皆様、お元気で!!
by mareemonte | 2007-06-26 23:08 | 香港
the EARLY BIRD cafeのパンでサンドイッチ
b0048834_1675440.jpg



the EARLY BIRD cafeにランチに行きました。お店が始まるのは11時。早めに着いたのですが、既に並んでいてびっくり。世の中パン好きが多いのね。私はピザを食べたのですが、大きくて全部食べられなかった。一緒にいた友達が「どうしてっ?あなたが残すなんてっ」と驚いていました。どんな大食漢と思われているのか(汗)



次の日のお弁当はおみやげに買ったロールパンを使って。卵とキュウリのサンドイッチとハムとキュウリのサンドイッチ2種。じゃがいものふかしたものと葡萄。このバスケットはバリ島のトゥガナン村という所で買ったもの。店のおじさんにお茶をごちそうになりながらじっくりと値切って買いました。蓋付きで丈夫です。
by mareemonte | 2007-06-22 20:56 | お弁当
幼稚園年中さん  曲げわっぱでてまりすし弁当
b0048834_1001061.jpg



梅雨に入った筈なのに雨、降らないですね。カッと晴れ上がった真夏のような日が続くと酢飯を使ったメニューが多くなります。この日はスモークサーモンのてまり寿司弁当。他、とうきび、ソバージュアスパラで作ったベーコン巻き、下の娘手製の胡瓜のポン酢漬け。おかずの仕切りには防腐効果のある笹の葉使用。胡瓜のポン酢漬けは胡瓜を切り市販のポン酢に漬けただけの至極簡単な料理でこれは上の娘の定番料理でしたが、最近下の娘の担当料理に。包丁で胡瓜を切っている様子は何ともじれったく、ハラハラしますがグっと堪えて作らせています。ふへー。弁当箱は曲げわっぱ。
by mareemonte | 2007-06-20 06:49 | お弁当
4時間散歩コースとビリー・ザ・ブートキャンプに入隊
b0048834_0856100.jpg b0048834_0103728.jpg




















b0048834_0112824.jpg b0048834_0125313.jpg
























この週末は父の日参観で土曜、日曜とも幼稚園へ。いつもは私の送り迎えですが、休日は家族全員で送り迎え。なんとなく楽しげな気分になって帰りはみんなで歩いて帰ることに。歩きの時は車でも自転車でも無理な道を選んで帰るから、けもの道度アップ。昆虫・動物遭遇率アップ。車なら15分、自転車なら30分の道のりを4時間かけて歩いて帰ることとなりました。とても暑い日でしたが、徒歩コースは鬱蒼とした森の中で、小川も流れているから確実にアスファルトの道と温度は5度くらい違いますし、鳥の声もいっぱい。風も抜けて気持ちよく歩けました。


この小川は水が綺麗なので最近町中では見なくなったシオカラトンボやオニヤンマなんかも見られます。オタマジャクシもいたし、メダカもいた。ヤゴもいた(興奮)シオカラトンボもオニヤンマも少なくなってきているから、ただ見るだけ。触ったりしません。それでもとっても楽しい〜♪途中、桑の実や木苺、八重桜のさくらんぼなどが落ちていたから小川で洗い食べたりして。この実が食べられるけどあの実に毒があるよ、あの枝を触ると腕がかぶれるよ、なんてことを教えながら歩いているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。家に着いたのは夕方もとっぷりと暮れた頃。


晩ご飯を作るのが面倒だったのでみんなでラーメンを食べに行き、帰りにまたホタルを見にいきましたが、今週はもう終わりだったな。来週は飛んでないでしょう。



そしてそして!!!!!なんと我が家にビリー・ザ・ブートキャンプが!!!
心優しい方が送ってくださいました。どうも有難うございます!!

で。まずは見てみました。

「・・・。」

これだけ動けば痩せるっすよ。じーっと見ていてたまーに気が向くとビリーと踊ってみたんすけど、すーぐ座っちゃう私は根性なしです(涙)それより画面から見て右側の白人美女の割れた腹筋がすごいのと、その美女のかけ声がアマゾネスっぽくて恐いのと、ビリーのキャラが強烈で凝視しちゃうので、踊ってないのに何故か疲労感が。すごいカロリー消費した気分。(そう、本当に気分だけ)でもでもっ。せっかく送って下さったのだから踊るわっ。これからお弁当日誌と共に体のサイズの測定結果も載せたいとおもいまーす。嘘です。きっと踊るだけでゼーハーして測定なんて記憶の彼方にぶっ飛んでるにちがいない。とにもかくにも私のビリーライフが始まりました。強制除隊にならないようにしないと!!腹が割れたら見せるね、T子さん!!
by mareemonte | 2007-06-17 00:09 | アウトドア
幼稚園年中さんのお弁当 おいなりさん
b0048834_1335726.jpg



この日は秋田杉の曲げわっぱ弁当箱を4つに仕切って使いました。おいなりさんがあんまり好きじゃない下の娘、「二つは絶対に、絶対に入れないで」と涙目での訴え。「どうして?おいしいのにー」とその横からおいなりさんに手を伸ばす上の娘。この味覚の違いはなにゆえ。仕方ないのでおいなりさんは一つだけ入れることにしました。この時活躍するのがこの4つに仕切れる間仕切り。4つにお弁当箱を仕切るとご飯の量を少なく調節できるので、苦手なもの克服お試しメニューの時はいいようです。他、にんにく醤油味のハンバーグ、とうもろこし、葡萄と好物ばかりで脇固め。
by mareemonte | 2007-06-15 06:42 | お弁当
幼稚園年中さんのお弁当 ひじきご飯
b0048834_1616024.jpg b0048834_1732348.jpg


























炊き込みご飯は足が早いので暑くなってからのお弁当には本来向いてないとは思ったのですが、今年は秋田杉の曲げわっぱ弁当だから大丈夫かな?防腐効果あるし、とお弁当に入れてみました。ひじきご飯は鶏肉と牛蒡、人参も一緒に炊き込んでみました。他はほうれん草の醤油よごしとさっと茹でた人参をポン酢に漬け込んでおいたものと葡萄。娘は笹の葉の匂いが好きなので弁当の表面に飾り兼防腐効果として笹の葉と南天の葉をあしらいました。表面に一枚笹の葉が入るとお弁当の蓋に食べ物がつかないし、よかったみたい。ご飯の味も朝と変わらずおいしく食べられたようです。このお弁当箱、買ってよかったなあ。使う度にうれしい気持ちになれるお弁当箱です。


※ 今までIEを使って投稿していましたが、結局IEを新たにインストールすることは不可能だという事が分かりました。現在safariを使っていますが、写真の並べ方などにまだ慣れておりません。お見苦しい箇所があるかと思いますが、お目こぼしくださいますと有り難く思います。宜しくお願いします。
by mareemonte | 2007-06-13 08:38 | お弁当
ほたる
b0048834_8132275.jpg




5月の最後の週から6月の最初の週の頃は源氏蛍が飛ぶ時期です。2年ぶりに見てきました。上の娘がまだ幼稚園の年少さんの頃、同じクラスのお友達とザリガニ釣りにきて、お友達がこの用水路に落ちてしまったことが。助けていたら下の娘がベビーカーごと田んぼに落ち、友達を橋の上に乗せてすっとんで今度は娘を助けに行って。たんぼの泥はとても重くて慌てました。気が付いたら全員泥まみれ。懐かしい思い出。




b0048834_832534.jpg




この田んぼは無農薬で米を育てています。手前に見える鳥、鴨です。あいがも農法で害虫を駆除しています。ここのお米、おいしいんですよ。収穫の季節になると販売所が出来てお米を買うことが出来ます。市場に出回っているのは見たことない。




b0048834_8385845.jpg



蛍は8時くらいから見えます。暗くなるまで友達の家でたこ焼きと焼き鳥とコロッケを食べて待機。とれたてのおいしいトマトとヤングコーンも御馳走に。






見に行った日の昼間は暑くて晴れていたから、蛍、少なかったです。雨上がりの湿気をたっぷり含んだ空気の夜はもっと飛ぶんですよね。でもそんな日はカエルも多く鳴くから蛇も出るんだけど。今年も蛍が見られてよかった。子供達は蛍の光を一生懸命追って田んぼの畦道を走るからまた田んぼに落ちるかとヒヤヒヤしたけれど、今年は落ちることもなく、着替えをしないですみました。ふうわり、と飛びながら儚げに幻想的に光る蛍は幽玄の世界からの使者のよう。もしかしたら本当にそうなのかもね。
by mareemonte | 2007-06-10 09:08 | アウトドア
幼稚園年中さん 赤毛のアン的バスケットでお弁当
b0048834_2053533.jpg


コンピュータが直らなくてほとほと嫌になったので現実逃避。納戸の棚に飛び乗り、奥の方に手を入れガサコソと新潮文庫 村岡花子訳「赤毛のアン」を探してきました。久しぶりに手にしましたがやはりいつ読んでも面白い。少女文学の名作ですね。
村岡花子さんの訳がまたいいです。村岡さんの訳は選ぶ語彙に品と格調があり、ゆるやかな時間の流れ、おっとりした物腰、麗しい風景を原作のまま日本語へ溶かしこんでらっしゃる。原作を深く理解し、呼吸を合わせて翻訳されたのだろうと思います。


本の魅力は語れば尽きませんが、出てくる食べ物のおいしそうなことも魅力の一つ。
「いちご水」
「きいちごのパイ」
「さくらんぼの砂糖漬け」
「果物入りのケーキ」
「しょうが入りビスケット」
「雛鳥のゼスリイ」
「泡だてクリームにレモン・パイにさくらんぼのパイ」
「マリラお得意のあんずの砂糖漬け」
「パウンド・ケーキにレヤー・ケーキと、さっき言ったビスケット」
初めてこの本を読んだ中学生の時なんぞ、読むもの読むもの知らない食べ物ばかりで、しかもどえらいおいしそうだとうっとりとした気持ちになったものでした。


この日のお弁当はアンが初めてピクニックに行くシーンをイメージしたものです。いざ作ってみると「赤毛のアン」世界の食べ物ってすごい偏りがありますね。まず野菜料理は登場しません。地下室にじゃがいもをとりにいく、というくだりがありますが、野菜の名前が出てくるのはそこだけ。あとはクッキーだのケーキだの炭水化物のオンパレード。果物の名前は出てきますが、カナダの寒い島でとれるものだけなので、りんご、さくらんぼ、あんずと種類は豊富ではありません。「そうさのう、アンや。少しばかり野菜が少ないんじゃないかな?」(←アンを読むと必ずマシュウの口調が乗り移る)と突っ込みを入れたくもなりますが、食べ物に彩り、とかバランスよく、なんて考えるのはとても現代的なのかもしれません。バスケットに詰めたのはビスケットとミートパイとさくらんぼ。物語に忠実に作るならミートパイでなく、アップルパイ辺りが近いと思いますが、現代に生きる日本の幼稚園児のお弁当箱にアップルパイが入っていたら「お母さま、これはお菓子かと」とお咎め必至。なので野菜もお肉も入ったミートパイにしてみました。彩り良く、と思って作ってきたお弁当生活ですのでこの日のお弁当は詰めながら「赤と茶色しか入っていない・・」と思いましたが、子供には大好評。も、もしかして彩りなんてどうでもよかったんかいな。
by mareemonte | 2007-06-09 06:51 | お弁当
一からやり直し
b0048834_13355736.jpg


昨日はコンピュータと格闘して、結局直らなかった。山羊の写真でものっけて自分を元気づけよう。メー!山羊の黒目は横長です。どんな風に見えてるんでしょか。
by mareemonte | 2007-06-07 05:59
幼稚園年中さん 黒ちらし曲げわっぱ弁当
b0048834_15303669.jpg





京都人だけが食べているという本を読んでいます。入江敦彦さんの作品。キレがあってリズムがあって、ずけずけモノをいって、ちょっと(いや、かなり)イケズで、なのに繊細で論理的な文章で京都のおいしいものを沢山紹介しているめちゃめちゃ面白い本です。本の中でちらし寿司が載っているのですが、下記の文章にすこぶる感銘を受けてこの日のお弁当は曲げわっぱで黒ちらし弁当となりました。


「見映えのいい贅沢」はいとも簡単に京風ちらし的な「手間暇のかかる質素」を駆逐してしまうだろう。いちど失ったら、もう本当の意味で甦ることはないというのに。贅沢なものにしかない美味しさを、手間暇で補おうとしても無理。だが、質素でありながら手間暇がどうしても必要なものも、そういうものにしか宿らない掛け替えのない美味もちゃんとこの世には存在する。



我が家の黒ちらし、朝3合飯を炊いて、寿司酢を加え、寿司飯に。本当は海苔は手もみで細かくするのですが、時間がないのでフードプロセッサーでできるだけ細かくした海苔を寿司飯に加えました。歯ごたえが欲しかったので汐ふき昆布を足して。昆布は中華包丁で細かくしました。ステンレスの軽い包丁だと上手に昆布は細かく出来ません。重みのある中華包丁だったのでたやすくみじん切りになりました。ニンジンと蓮根をごま油で炒めたものを加えて出来上がり。お弁当には胡瓜のポン酢漬けと葡萄を加えて。お弁当用に取り分けたご飯以外はお櫃に。家族の朝ご飯と私の昼ご飯になりました。お弁当を作り終えたのは6時で朝ご飯は7時でしたが、この頃のほうが味に落ち着きが出てさらに美味に。日本各地からお取り寄せ品の贅沢ちらしがハレの日の料理なら日常的な身近なものばかりで作った黒ちらしはケの日の料理。でもどちらも甲乙つけがたい美味しさです。高くておいしいのは当たり前。安くておいしいのも当たり前。それが日々生きるってことなんですなあ。


b0048834_014423.jpg

by mareemonte | 2007-06-05 04:37 | お弁当