インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(344)
(258)
(142)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
タグ:お節料理 ( 8 ) タグの人気記事
たたきごぼうの細さ
b0048834_1003389.jpg

このくらいの細さが好きです。
b0048834_1004263.jpg

今年は高校生になった上の娘がお節料理を手伝っている。下の娘は美術の宿題中。宿題の量、多すぎ。社会のレポートとか、あれはいったいなんなんだ・・・しかもこれからバレーボール部今年最後の練習試合ですがな。中学生、忙しか。
by mareemonte | 2015-12-30 10:01 | 季節行事
2015 お節料理
b0048834_16502426.jpg

お正月に撮った写真が見当たらず、てっきり画像を消したと思っていたら、突然発見。唐突ですがお節料理の写真をアップします(謎)

2015年のお節料理。
去年実家の父が亡くなってから、大層調子の悪くなってしまった母。去年は何度私も一緒に救急車に乗ったことやら・・。でもなんとか持ち直し、今年のお節料理は一緒に囲むことが出来ました。昨年迄は横浜で一緒にお節を囲んでいたのですが、今年はそれは無理で、我が家でお節料理を作って私の実家に出向くことに。実家まではどんなに少なく見積もっても2時間半かかるので、タンパク質系のもので生ものは一切入れない献立となりました。

b0048834_16503217.jpg


一の重 9品
紅白なます
たたきごぼう
黒豆
菊花蕪
紅白かまぼこ
田作り
栗きんとん
里芋の白煮
蒟蒻の煮物

重箱の中の器は柚子釜のみ。柚子釜であれば、置いて帰ってきてもいいので。飾りは松の葉。裏白やちょろぎなどは使わず、極力シンプルに。

二の重
ローストビーフ
塩豚
煮豚

三の重
ちらし寿司

茹で海老
茹で蟹(お正月は蟹カマではないのである。)
鯛の蒲鉾卵焼き
胡瓜
酢蓮

酢蓮以外は全て賽の目切りで揃えた。

お節料理もその時々で作り方も献立も変えなくちゃいけないものなのねえ。でも何とかなる。うむ。
by mareemonte | 2015-03-15 17:11 | 重箱
2014 喪中の場合のお節料理
b0048834_16462166.jpg

今年は喪中だったので、お節を作る予定はありませんでした。が、旅行の予約も思うところが取れず、結局家でまったりすることに。それじゃあ食べる物どうしよう、といろいろ調べてみたのですが、喪中の正月に何を食べるかってはっきり決まってないみたいなんですよね。寿ぎの雰囲気に作りこまなければいいのかなあ、と思って結局お節料理を作ることにしました。お重は3つで、ご飯ものは手巻き寿司を。お雑煮はなし。人参などの赤い食材は用いず、むきものなどはほぼ作らず、飾りも少なくしてシンプルなお節となりました。

b0048834_1647618.jpg

一の重
栗きんとん
黒豆
大根のなます(いつもの年は紅白なますですが、今年は大根の白のみのなますで)
菊花蕪
かまぼこ(白のみ)
田作り
たたきごぼう
b0048834_16434524.jpg

二の重
鶏の塩焼き
卵焼き(小5娘作)
里芋の白煮
蓮根の旨煮
椎茸の旨煮
松笠くわい
こんにゃくの旨煮
b0048834_16435669.jpg

鰤の照り焼き
煮豚
ローストビーフ

b0048834_1644741.jpg

今年は上の娘、自分のお小遣いを貯めてようやく手に入れたipodに夢中で全くお節料理、手伝わず。下の娘は卵焼きを焼いたり、たたきごほうの胡麻をすったり、ちょこちょこ手伝ってくれました。手伝いの手があると本当に楽なんだよね・・。上の娘よ、来年は手伝いなはれ。かーさんはあんたの手を待っている。
by mareemonte | 2014-01-01 17:40 | 重箱
栗きんとんと味醂
b0048834_12351078.jpg

今年は喪中なのでお節料理を作ろうか迷ったのですが、ちょっとだけ作ることにしました。栗きんとんは年に一度は食べたいしね。


栗きんとんに味醂を使います。煮切り味醂を入れると味にコクが出てまろやかになり、高級な味に仕上がります。味醂は絶対にこれ。あんまり調味料にこだわりを持ちたくないんだけれど、味醂だけはこれ。栗きんとんの味が確実に一段上がります。
by mareemonte | 2013-12-30 12:43 | 重箱
2010年度メタルビーズ教室は全て終了です。有難うございました。
b0048834_8503538.jpg

12月最終週の日曜の昨日、2010年度メタルビーズ横浜日曜教室をいたしました。
本当は12月の一番最初の日曜にやるはずだったお教室。当日お腹が痛くて、どうしても無理だと全ての生徒さんにキャンセルのお電話を。皆さん、お優しくて日にちを変更することを快諾してくださり・・・。申し訳ありませんでした。そんなわけでこの年末の押し迫った日程に。皆様、お忙しいところ本当に有難うございました。

献立はおせち料理を意識して。クリスマスが終わってからだとおせち料理に使う材料がスーパーでも手に入りやすかった。これは怪我の功名だったかもしれないです。12月最初の日曜よりも食材を揃えることが簡単でした。弁当箱は秋田杉 曲げわっぱ。柴田慶信さんの松花堂弁当。 
b0048834_8591868.jpgb0048834_8593181.jpg




















b0048834_8594471.jpgb0048834_8595573.jpg























左上の写真
・栗きんとん
・田作り
・紅白なます
・松前漬け
・たたきごぼう

右上の写真
・鶏、松笠いか、ねじ梅の炊き合わせ

鶏、松笠いか、ねじ梅は全て別々に炊いて盛りつけました。
松笠いかは少し濃いめに味付け。この煮汁に塩をして網焼きにした鶏肉をさっとからませます。
ねじ梅は八方出汁で煮ました。ねじ梅、シャトルシェフを使ったのですが、味が濃くなりすぎた。
様子を見ながら取り出さないと保温鍋は味がどんどん入っていってしまいます。保温鍋は便利だけれどコツがいる・・。

左下の写真
・ちらし寿司

梅やごぼうの細工に気をとられてしまって刺し身に下味をつけるということをすっかり忘れてしまいました・・。白身の魚は昆布しめにしなきゃいけなかったのに・・。赤身の魚には醤油を刷毛でぬりつけてあります。卵焼き、胡瓜はさいの目に切り、菜の花、いくらを飾りつけ。ちらし寿司は絶対に間違えない、と思っていたらまんまと手落ちが。反省点の一つでした。

右下の写真
・ぶりの照り焼き
・門松牛蒡

ぶりの照り焼きは漬けこみ時間が弱かった。もっと長く漬け汁にいれてなければいけなかったです・・・。

今回は包丁で細工するものが多くて、そちらに気をとられてしまいました。
これは作り慣れているから安全だと思っていたちらし寿司や魚の焼き物に神経がゆき届かなかった。お節は品数が多く、しかも詰めるのに頭を使うので短期集中は駄目ですね。周到な準備と段取りが大事だなあ、と改めて思いました。


お弁当つきの横浜日曜教室ですが、今回でひとまず終わりとなります。横浜教室、自宅でやっているのですが、日曜教室の時はいつも夫と子供に外にでかけてもらっていました。が、子供も大きくなってきて自我がはっきりしてきたというか・・。上の娘と下の娘が日曜にやりたいことが違ってきてしまったのですよね。子供が二人とも中学生になって、部活をするようになったりして状況が変わったら復活出来るかもしれません。その時はまたどうぞ宜しくお願いいたします。(横浜日曜教室は今までの方のみでやるので募集はありません。)
いつの日か横浜日曜教室を再開する日までには皆さんに配布出来るレシピも作っておきたいな・・。


今までどうも有難うございました。
来年からは平日教室で引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。
by mareemonte | 2010-12-27 09:40 | 重箱
いかの燻製のはいった紅白なます
b0048834_1864773.jpg


リチェッテさんの紅白膾のレシピを見ていたら

>***いかくんせいは絶対に省かないでください。い~い仕事します!

という一文を発見。

いかくんせい・・・・。大好き・・・。

リチェッテさんのオリジナルレシピですとセロリや柿が入りますが、我が家は夫がセロリ嫌い、子どもたちが柿嫌い。でも・・。いかくんせいなら皆好きだよね・・・。


で。
いかくんせいだけ紅白膾に入れてみました。
紅白膾のレシピは私のもともとのレシピで、そこにいかくんせいを入れたみたら。



「うまーい!!」


大根と人参のシャッキリした食感の後にいかくんせいの旨味が広がります。

これはいい!

リチェッテさん、ありがとうございます!!
by mareemonte | 2009-01-05 23:38 | 和食 | Trackback
2007 お節料理
b0048834_19332360.jpg


大晦日の朝帰国してから速攻で布団に直行。ずいぶん眠ってから夕方よろよろとスーパーへ買い出しに出かけたので今年は揃わなかった食材も多かったのですが、それでもなんとかそれらしきものを。今年のおせちは去年の年末に練習してあったのでなんとなく気持ちが楽だったように思います。

b0048834_21222765.jpg


一の重は口取りを。錦卵、くわい、サーモンの砧巻き、菊花蕪、大根と人参市松の牛肉巻き、紅白なます柚子釜入れ、甘海老の刺身。




b0048834_21341768.jpg
b0048834_21344029.jpg

錦卵の上に「福」という字を型抜きしてのせました。手がかかっているように見えます(多分)


b0048834_21581459.jpg
b0048834_21591893.jpg

サーモン砧は大根の桂剥きを使って。大根と人参の市松牛肉巻きは凧糸できっちりしばって形を作りました。

b0048834_2215049.jpg
b0048834_2224772.jpg

二の重は煮物。スーパーでなんと椎茸が売り切れ。その場で作戦変更。今年は白と赤で仕上げる煮物に。白はこんにゃく、蕪、里芋、鶏肉。お出汁と塩のみでじっくり味をつけました。赤は人参。ねじ梅は出来るだけ立体的に仕上げるといい、と習いました。
青みはさやえんどう。

b0048834_226444.jpg


三の重は押し寿司を。アナゴ寿司とサバ寿司。


b0048834_2281232.jpg

去年実家の母から譲り受けた陶器の三段重。ここに栗きんとん、黒豆、田作りを入れました。
b0048834_2294194.jpg


b0048834_9444497.jpg
b0048834_9452880.jpg


田作りは腹ににがみがあるので包丁でこそげてから。フライパンでカリカリにいって、醤油と砂糖で味をつけますが、さらっとからめただけが好みです。下の娘の大好物。
きんとん、黒豆は上の娘の大好物。きんとんはさつま芋を茹でる時にくちなしを入れて黄色の色素を足すはずだったのに、ボーッとして作っていたら何故か芋をふかしていた・・。水の中に砂糖とくちなしをいれ、黄色の色を出したシロップを急きょ作る。そこにふかして濾したさつま芋をいれて色を足して照りも出しました。上の娘の大好物なので出来てよかったっす。
しかし甘いものすきのお姉ちゃんと辛いもの好きの妹。この味覚の差はなにゆえ。
今年の箸置きは上の娘が作った折り鶴。金色のホイル紙は普通の折り紙より折りにくーい!と言いながら頑張って作ってくれました。


「黒豆はまめになるように食べるんだよ」
「まめって何?」
「くるくる働けるってこと」
「・・・。ふーん。(いまいちよく分かってない様子)」
「このお魚は?」
「米や野菜を作っていた人がね、今年もたくさんものがとれますように、って食べたんだよ。」

子供たちはお節にまつわる話を聞くのが面白いようでいちいち箸をとめながら食べています。なので、おせち料理の時はいつもの倍以上時間のかかる食卓となる我が家。おなかいっぱいになる頃には眠気が襲ってきます。もちろん生理現象には逆らわずその場でごろーん。これぞ寝正月。そのまま食卓も片付けず夜中にむっくら、と起き出してテレビをつける。渡哲也が「マグロ!ご期待ください!」」と言っている。マグロに期待・・。マグロに期待・・。マグロに何を期待したら・・。番組を変えたら「ニューシネマパラダイス」をやっている。をを、大好きだよー、とついつい鑑賞。この映画では10年くらい前に見た時も泣きましたが、時間がたち、映画の意味が今だから分かる箇所が沢山あった。ああ、そういう意味だったのね。と符号がカチカチと合い続け、心の琴線触れまくり。で、まー、泣くわ泣くわ、滂沱の涙。泣きつかれて食卓も片付けず(つまり朝からそのまま)そのままその場でまた眠りました。あの・・。そんなわけで年賀状、今書いてます・・。松の内には届くと思います・・。(私信)←投函してきましたー。あさって頃つくかな?(またしても私信)

b0048834_13472829.jpg

三の重の寿司の昆布がよれておる。みみみ、見なかったことにしてくだせえ。

今年もいい年になりますように。
by mareemonte | 2007-01-03 19:33 | 重箱 | Comments(0)
2006 お節料理
b0048834_11551358.jpg


あけましておめでとうございます。
皆様、よいお正月をお迎えをことと存じます。

b0048834_11561449.jpg


今年の御節です。

一の重
柚子釜は上の娘が作りました。中は紅白なます。大根と人参を土佐酢に漬けてあります。

紅白あられ串 ぐちを蒸してかまぼこにしました。大きく形のいいかまぼこに仕上がらなかったのであられにしました。紅色のあられは練るときに食紅を少量足らしました。
出汁でさっと煮て松の串にさしました。

菊花蕪
これは上の娘との共同製作。花芯は通常は南蛮の小口を添えますが、今年は子供も食べたいというので京人参を花芯に見立てました。


秋に仕込んでおいたもの。

烏賊の雲丹焼き
烏賊を賽の目に切り込みを入れた上に日本酒で溶いた練り雲丹を刷毛で塗ります。
これを焼き網でじっくり焼いたもの

慈姑
今年は慈姑がなかなか見つからなくてスーパー4軒目でやっと見つかりました。
しかも最後のスーパーでも最後の慈姑だった。慈姑は去年と同じです。慈姑の芽を絶対に切らないように残しながら表皮をむきます。これを蒸し、くちなしの実をいれた湯で色をつけます。油でじっくり上げて出来上がり。今年は焼き印を使わず、松笠慈姑に仕立てました。

海老の塩焼き
海老は足をとってから塩をふります。串を打って網で焼きます。

サーモンの奉書巻き
大根を桂むきにします。甘酢に漬けておいて柔らかくします。サーモンをきゅっと巻いていきます。大根の桂むきの厚さが一定でないと巻く時にでこぼこになるのでそこを注意。

南天をあしらったちょろぎは市販品。ちょろぎってどうしてこんなにあかーく染められて売ってるんだろうか・・。こんなにどぎつい赤でなくても良いのに・・と思うのですがこの辺りだとこれしか売ってないのです。築地まで行くと自分でしこめるちょろぎが見つかるんでしょうけどもねえ。

あしらいは南天の葉、実、松葉。下に裏白を敷きました。



二の重

中央に松前漬けを入れました。松前漬けは昆布とスルメイカをはさみで切る仕事は上の娘がしました。京人参と生姜を合わせて。

鴨の葱射込み
鴨には葱だろう、ということで。麺つゆで煮こみました。

鴨のロースト
鴨はローストも作りました。塩をふった鴨をグリルでじっくり焼き、カリッと皮がしたところで醤油に漬けました。

焼豚
茹でた焼豚ににんにくと塩をすりこみ、油でじっくり揚げました。ここに醤油をかけて出来上がり。

鮭とかんぱちの幽庵焼き紅白仕立て
鮭とかんぱちの焼きものです。赤身の鮭、白身のかんぱちの焼きものを一緒に入れて
紅白としました。

鮪、烏賊、鯛の刺身



三の重
お煮しめ
里芋、蓮根、鶏肉、京人参、人参、大根、さやいんげん。京人参と人参、大根はねじ梅に仕立てました。
今年は煮物の色を出来るだけ白く仕上げたかったので出汁に合わせる醤油を白醤油にしました。


b0048834_1224295.jpg


お寿司が食べたい、という希望が出たのでお雑煮ではなく、寿司を作りました。
鮪と鯛。あしらいは裏白と南天。

折り敷きに三肴はのせました。
田作りと黒豆、数の子。

さあ、今年もはりきっておいしいもの食べていきますよー!
皆様、よろしく御願いいたします。
by mareemonte | 2006-01-02 12:34 | 重箱 | Trackback | Comments(42)