インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
more...
タグ
(344)
(258)
(145)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
タグ:パーティー ( 12 ) タグの人気記事
父の日とモロッコ料理
b0048834_1433960.jpg

土曜は1日早い父の日をモロッコ料理でお祝い。

b0048834_22462375.jpg

新婚旅行はモロッコ、バックパッカーの旅。旅行=冒険と思っている夫はゴージャスでラグジュアリーな旅なんてはなっから頭にない。リュックしょって毎朝5時にはおんぼろバスに揺られて(掛け値なしのおんぼろっぷり。)次の町に移動するというような旅でした。私はショートカットですっぴん、紺のフリースにチノパンでリュックという姿。何度現地の少年に声をかけられたことか。「一緒にサッカーしようよ!」←男じゃないですからー!!

行った時、モロッコは雨季で、雨がそこそこ降っていたんですが、雨の多い日本で生まれ育った私達にとっては別になんてことない雨。なのにどうしてか大型バスが横転してしまい、道っ端に放り出されてしまった。看板も目印もない。ここはいったいどこ?


どうしたらいいかね・・としばらく考えあぐねているとそこに車が。をを!神のご加護、渡りに舟!手を振って必死になって車を停めた。
「乗せてください!」

ということで人生初のヒッチハイク。ヴェールを着ているおばさんのお膝に座らせてもらって(車はとても小さかった)次の町へ移動。で、行った先がワルザザートという町でした。

ワルザザートはなかなか大きな町で(もちろんマラケシュやカサブランカに比べたら比較にならないほど小さいけど)目から鱗級のおいしいカフェがあって、そこで食べたのがレモンチキンタジン。モロッコ旅行中レモンチキンは何度も食べたけれど、ワルザザートのカフェで食べたレモンチキンタジンは格別の味だった。あまりの美味にワルザザートにいる間中、ずっとこればかり食べていたくらいおいしかった。


b0048834_22463482.jpg

ワルザザートの町でモロッコ人が声をかけてきた。
「あんた達、どこに行く?」
「チュニジアの近くの砂漠。」
「どうやって?」
「考えてる。」
「俺にいい考えがある。俺はタクシーを運転している。俺を雇えばいい。連れてってやる。」
「バスで行くからいい。」
「バスは来ない。」
「なんで?」
「バスがまだ横転したままだから、小さな車しか通れない。」
「いや、いい。遠慮しておく。」
「ずっと待っててもバスは来ない。」

夫としばし相談。
「どうする?」
「この人、信頼できるの?」
「いや・・・。あやしすぎる・・。お金ふんだくられそう・・」
「ほんとにバス、来ないのかな。」
「それもあやしい・・・・・。」
「でも実際、ワルザザートにずっといる訳にもいかないよね。」


「あの、話だけでも。」
「じゃあついてきて。オフィスがあるから。」

声をかけてきたモロッコ人が案内してくれた先は本当に個人タクシー会社のオフィスだった。
なかなか綺麗にしている。砂漠の写真や駱駝の写真がパネルになって飾ってあった。

するとモロッコ人がすっと消えた。えー、まじですかー?仲間がたくさんきて身ぐるみはがされちゃうんですかー?と動揺していたらミントティーと薄いビスケットの乗ったシルバートレイをモロッコ人は運んできた。ミントティーの味は砂糖とミントのバランスがとてもよく、ビスケットによく合っていた。なんとなくこの人、信頼できるのかもしれない。ごめん、疑って。

「分かりました。タクシーに乗せてください。」

こうしてハッサンと私達二人、旅を続けることになったのだ。



b0048834_22464751.jpg

そうと決まれば話は早い。すぐにハッサンの運転するタクシーに乗り、チュニジア国境のサハラ砂漠に向かった。少し車を走らせていくと街道沿いに食堂があり、そこで朝ご飯にした。私は野菜の煮込みとクスクス。野菜の煮込みは茄子やズッキーニが入っていて、暖かかった。それをクスクスにかけながら食べる。一緒に食べていたハッサンが突然立ち上がった。「ななな、何?」と驚いてハッサンを見るとタクシーにひとり、戻っていった。「えー!ここでおいてかないでー!」と思ったらお祈り用の絨毯をかかえて戻ってきた。ハッサンは絨毯を店の中でおもむろに敷いて、そこでお祈りを始めたのだった。ああ、なんだか毎日びっくりしてばかりだ。

店では網の上で玉ねぎを焼いていた。
「あれ、何してるんですか?」
「玉ねぎをそのまま網で焼くとおいしいです。」
お祈りを終わったハッサンは何事もなかったかのように食事の続きを始めた。

b0048834_2247194.jpg

「クスクスの時は暖かい野菜の煮込みを一緒に食べます。モロッコにはエキスプレスと呼ばれる素晴らしい鍋があるのです。」
「エキスプレス?どんな鍋?」
「あれですよ。」
ハッサンが指差した所にあった鍋は日本製の圧力鍋だった。

圧力鍋・・・・。モロッコではエキスプレスと呼ばれているのか・・・。

b0048834_22471169.jpg

「ハッサンはいつも野菜ばかり食べてますね。」
「おいしいからです。」
「何が好きですか?」
「玉ねぎとズッキーニです。」
「ズッキーニですか。」
「はい。あれは焼いて食べるとうまいです。」
「焼くだけですか?」
「はい。網で焼くんです。甘くなっておいしいです。」


b0048834_22472065.jpg

私達は無事、チュニジアの国境付近まで行くことが出来、次の朝にワルザザートに戻った。横転したバスの処理も終わっていて、また道が使えるようになっており、バスに乗って次の町へ移動した。

ワルザザートの町で最後に食べたのはもちろん、レモンチキンタジン。それとミントときゅうりのサラダをつけた。


そんなことを思い出しながら献立を決めました。またモロッコに行きたいなあ。ハッサンは元気だろうか。


献立
・レモンチキンタジン
・モロッコ風野菜の煮込み
・玉ねぎのオーブン焼き
・茹でたヤングコーン
・ズッキーニのグリル
・胡瓜とトマト、ミントのサラダ
・ミントティー

花はモロッコの国花であるバラ。
[PR]
by mareemonte | 2010-06-20 09:26 | パーティー
Mother's Dayとアリス・イン・ワンダーランド
b0048834_23513621.jpg

1日早い母の日のプレゼントは終日主婦業放棄の権利。掃除も洗濯も料理も夫と子供が。
私は日曜教室にお出しする料理の仕込みをしつつ、「アリス・イン・ワンダーランド」に出てきそうなお茶会を開催しようとはりきりました。自分の好きな薔薇を飾り、紅茶を淹れ、気に入りのお菓子を並べて、アドレナリン大噴出。あー、一度やってみたかったんだ、アリスのお茶会。


b0048834_1381129.jpg

がしかし。なかなか平和にいかない我が家(苦笑)であります。
本当は夫の上海土産のくまちゃんを並べてお茶会の出来上がりの写真を撮りたかったのですが、下の娘が奪いとろうとした。2つとも。
「1つはお姉ちゃんのだよ!返しなさい!」
「嫌だ!」
「パパ、怒るからね!」
「これは私の!」
「いい加減にしろ!」(バチコーン!頭をはたかれる)
「パパなんてだーーーーーーーーーーーーーーーーいっきらいっ!!!!!」(わーと泣きながらくま二つ抱え自分の部屋へ消える次女)

という風景を眺めながら
「あの二人って似てるよね・・・」
「そうだね・・」
と語り合う上の娘(長女)と私(長女)。ちなみに夫は次男坊。


そしてくまは永遠に椅子に座ってくれないのでした。


b0048834_1493143.jpg

紅茶はルピシアのアールグレイ。

b0048834_1574887.jpg

全てのセッティングが済んだ頃に仲直りして部屋から出てきた夫と下の娘。

b0048834_21302671.jpg

気に入りの焼き菓子屋さんの焼き菓子と、

b0048834_21303831.jpg

つきちゃん印のケーキのアイシングクッキーを楽しみました。めでたしめでたし。

kyokoさんティーコゼめちゃめちゃ活躍してます。可愛くてシックで気に入ってます。









明日の日曜教室は皆様、宜しくお願いいたします。

なんば教室ご希望の皆様、月曜にご連絡となります。どうぞ宜しくお願いいたします!!
[PR]
by mareemonte | 2010-05-08 19:40 | 季節行事
Kyokoさんのティーコゼとシルクフラワーとメタルビーズ
b0048834_2122528.jpg

我が家のクリスマス、もう何年も前からテーマカラーは赤と緑のオーソドックスなもの。
毎年少しずつツリーに飾るオーナメントをメタルビーズで手作りしたり、窓辺に飾る置物を増やしたりして楽しんでいます。今年はYUKARI先生に習ったシルクフラワーパッケージ教室を主宰されているkyoko先生のティーコゼが仲間入りしました。

このティーコゼ、とっても素敵でしょう!!Kyokoさんのこの記事を見て一目ぼれし、オーダーで作って頂いたのです。Kyokoさんのものは黒のシャンデリアでしたが、私は生地は赤、刺繍はシルバーでオーダーを。Kyokoさんのシャンデリアの方がメタルビーズが美しい~(汗汗)後でメタルビーズ、足そう・・。

b0048834_2132851.jpg

ティーコゼ、なんとなんと!後ろにお名前を刺繍してくれるのです!!mareemonteって刺繍が入ってる~~!!悶絶!かわいすぎ!

b0048834_2124464.jpg

クリスマスティーパーティーのセッティングはこんなかんじ。

b0048834_2164440.jpg

ゆみこさんに頂いたクラブハリエのバームクーヘンとKUSMI-TEAを。ゆみこさーん!バームクーヘン、おいしかったですー!!どうも有難うございます!!

b0048834_213342.jpg

ティーコゼは縫製もしっかりとしていてそれはそれは上品。美しさと実用性を兼ね備えたものです。もしこれからティーコゼをと考えられてらっしゃる方、太鼓判です!お勧めいたしますよ~!!名前の刺繍が入るのでプレゼントにもいいですよね。kyokoさん、どうも有難うございました♪♪とっても気に入っています053.gif053.gif053.gif
[PR]
by mareemonte | 2009-12-23 21:03 | Trackback
7th Birthday
b0048834_1112055.jpg

7歳の誕生日でした。
夜はなかなか全員揃わないので朝に誕生日パーティーを。

b0048834_11122950.jpg


お花は八重咲きのカーネーション、ブルースター、あわ、夏のスイートピー。
マフィンは手作り。お菓子教室で習ってきました。お教室についてはまた後日。

b0048834_11133439.jpg


お誕生席には小さなお花を飾って。バラとミントとブルースター。

b0048834_11131935.jpg


最近バレエのお友達がやめてしまい、最後の日にプレゼントした花をポストカードにして送ってくれました。しかし私はピンク、水色、黄緑の組み合わせが好きなんだな。友達にも同じ色合わせで送ってしまった。今日のテーブルに合うので飾りました。ありがとう、Mさん!


b0048834_1730350.jpg


素晴らしい7歳になりますように。おめでとう。
[PR]
by mareemonte | 2009-07-09 11:14 | 季節行事
俺の俺による俺のための誕生日 ~ようこそ不惑の世界へ~
b0048834_2013157.jpg


不惑になりました。へへいへい。


b0048834_20201727.jpg


なにしろ不惑ですんで、自分の好きに祝っちまおうと。
で、なにしろここはおいしいパンが必要でしょ?ということで
丁子色のchakoさんのパンがいいわ~、とオーダーさせてもらいました。
今年の誕生日プレゼントはWiltonカップケーキスタンドだったのでこれに合うようなパンを、と
ブリオッシュとシャンピニオンをリクエスト。ケーキスタンドに乗せることを相談していたので、こに合うようなサイズに焼いてくださいました。だからジャストサイズ!すんばらしい!

シャンピニオンは天然酵母で作ってくださいました。原材料はリスドォールとはるゆたかのブレンドの粉、洗双糖、ゲランド塩、オーガニックのエキストラバージンオイル入り。




b0048834_2046944.jpg
b0048834_20494164.jpg



















チーズはテェト・ド・モワーヌを。このチーズを削るものはジロールというのですけれどね、「ジロール」と検索したらジロールのお弁当というブログを見つけて、そしたらあらら、こちらの方曲げわっぱ使ってらっしゃる。ああ、驚いた。なんと曲げわっぱ仲間だとは。しかもいつもおいしそうなのです。それ以来密かにちょこちょこチェックしている私。参考になるんですよねえ。


閑話休題。自分の誕生日、皿を洗うのも自分。家族だけの気楽なパーティーだからお皿数を増やしたくなくてサラダはなし。代わりに野菜のテリーヌを。野菜を型の大きさに合わせて切ったものを蒸し、型に入れ、ゼラチンで固めただけ。スープはパンを器に。chakoパンはシャンピニオン。中をくりぬいてクラムチャウダーを入れました。パンは噛みしめる度に粉のおいしさがじわっと口に広がります。野菜のテリーヌとパンを器にしたスープを一皿に盛ると可愛いのに皿数も減って片付けも楽。食事が終っても後が楽チン、という形式は主婦には嬉しい限り。


b0048834_2192969.jpgb0048834_2195361.jpg





















メインだって楽しちゃうもんね~。フランクフルトの網焼きに塩をぱらり、とかけたもの。ジャガイモとベーコンのソテー。ジャガイモは蒸します。こま切りにしたベーコンをフライパンでじっくり炒め、そこに蒸したジャガイモを投入。塩と酢で味付けしただけ。ルクルーゼのお鍋に二つ一緒に入れておき、大きなサーバーをつけておきます。自分で好きなだけとってね~。

b0048834_10131949.jpg
b0048834_10133422.jpg




















ブリオッシュは甘くておやつみたいな感覚のパンですが、フォアグラのパテに粒塩を乗せ、一緒に食べるととってもおいしい食事パンになります。粒塩は写真には3粒乗っていますが、これ撮影用。(爆)本来は小さめ1粒がおいしい。2粒乗せるとしょっぱくなるのでご注意を。フォアグラのパテは成城石井で。フォアグラのパテがすぐに手に入らなければレバーパテでもおいしい。瓶入りのレバーパテと蟹のパテは手作り。レバーは鶏肉が手に入らず、豚肉のレバーで。いつもより匂いがきつかったので生姜を入れたらこれがヒット。おいしく出来ました。

ブリオッシュはゴールデンコットとはるゆたかのブレンドの粉だそうで、chakoさん、パンによって粉の種類も変えてらっしゃるんですね!パンの知識のない私は目を白黒させるばかり・・。



昼間早くからのパーティーでしたが、食事でお腹が膨れた後もチーズ削っちゃワイン、チーズ削っちゃワイン。食卓そのままで夜に突入。おいしいパンはすでに昼に消えており、食べ物が足りなくなったのでパスタを作り、またチーズ削っちゃワイン、チーズ削っちゃワイン。気がついたらソファで寝ていて朝だった。(ををを)皿数減らしてどころか皿も洗わず寝ました。(よよよ~)次の朝、家族を送りだしてからゆっくりお皿洗いとなりましたとさ。めでたし、めでたし。
chakoさん、お忙しいところオーダーを受けてくださってどうも有難うございます。やはり頼んでよかった。いつもながらおいしいパン、あっという間になくなりました!!



さあ、今日も天気だ、空気がうまい。張り切って働こう!(まずは皿洗いから。)



※18日のメタルビーズ教室ご参加の皆様、昨日全ての方にメールを差し上げました。届いてらっしゃらない方はいらっしゃいますか?もし届いていないようであればお手数ですがご一報くださいませ。では準備に今日から入りたいと思います!
[PR]
by mareemonte | 2009-01-14 07:03 | パーティー | Trackback | Comments(47)
お茶の時間
b0048834_1943275.jpg




バイオリンの発表会でたくさんお花を頂きました。
お花の記念撮影をするべくゴールデンウイーク最終日は我が家でお茶会を開催。


b0048834_19442250.jpg




バームクーヘンのようなお菓子はシンガポール土産。
お茶は庭でつんだミントでフレッシュミントティー。
つみたては新鮮でハッとするほどおいしい。
テーブルクロスは私の手作り。
風が強かったのでテーブルのいたるところに長良川の河原で拾った石を置いてテーブルクロスが飛んでいかないように。
熊は下の娘の宝物。どこにいくにも一緒。


お片付けは大きなバスケットにお皿やらコップやらをつめてさっと移動。
1時間くらいの楽しい時間でした。
[PR]
by mareemonte | 2008-05-09 09:33 | 季節行事 | Trackback
8歳の誕生日 kawaii
b0048834_1163075.jpg





週末上の娘の8歳の誕生会を家族でしました。暖かな日だったので庭でランチを。


b0048834_1212654.jpg


写真にして気が付きましたが、皿にチョコレートがついてますね(大汗)
サンドイッチボックスの中には、




b0048834_7415674.jpg


マッシュルーム、ハム、サーモン、チーズの4種類のサンドイッチが入っています。
サンドイッチはシェリュイでパン・ド・セーグル丸形6号をオーダーしました。



b0048834_1232595.jpg


お花はトルコ桔梗をトルコで買ってきたチャイのグラスにさしました。トルコつながり。ふ。ラベンダーと水色の花の名前は失念。




b0048834_8564647.jpg


テーブルクロスは自分で作成。ラベンダー、ピンク、水色のギンガムチェックの布をミシンでつなげた簡単なパッチワーク。白い器はプレイスマットにした皿は香港で。ほかはジノリのベッキオホワイト。フォークとスプーンは実家から譲り受けたアンティーク。グラスはまるっこいのがボダム。細いグラスはは矢沢永吉好きな私がサントリープレミアムモルツを飲み続けてもらったもの。しぇけなべいべー!!


食事はほか、ビーフシチューとグリーンサラダが出ました。どちらも村上信夫さんのレシピで。この日は夕方早くからバレエのリハーサルがあったのでケーキは夜。今年はバレエ一色でなかなかまとまった時間がとれないから細切れ誕生会だったけれど、それはそれでいつか懐かしく思い出すのだと思います。8歳、おめでとう。
[PR]
by mareemonte | 2007-12-03 01:28 | 季節行事 | Trackback
タコスパーティー
b0048834_21371973.jpg


中学時代からの親友がニューヨークで暮らすことになったので久々に皆で集合。
この日の午前中はバレエレッスンがあったのでゆっくりスタートのタコスメインのランチとなりました。タコス=ビールはコロナ。ライトを選んだ所がちょっとした無駄な抵抗でございますが(嘆)タコスって意外とカロリーありますよね。おーよ、ならしこたま食ったろか。やったろーでないの。トルティーヤの後ろに見えるカナッペ、クラッカーのハモンセラーノ乗せ。お好みでいちじくのジャムやクリームチーズのトッピングを。ひょえー!!自分で出しときながらあまりの高カロリーさにビビる。しかしビビったのは最初だけ。すぐさま立ち直り、ガンガンいきました。はい次!


b0048834_21383382.jpg


エスカルゴのガーリックバター。オレガノの葉を敷き詰めて。
小学生達が「ええええええええええ、かたつむり食べるのっ」と衝撃を受けていた。
そうですよ、食べるんですよ(平然)しかもうまいんですよ。


b0048834_213908.jpg


友人が作ってきてくれたかぼちゃのサラダ、後ろは鶏肉のロースト、ローズマリー風味。黄緑の入れ物には蟹のパテ。友達のお兄さんのお嫁さんからの差し入れ。


b0048834_21395672.jpg


ムール貝はただ蒸してレモンをきゅっと絞って。
高校3年生の時のこと。お弁当最後の日にクラスで持ち寄りパーティーをしましょう、ということになった時、ムール貝をビニール袋一杯に詰めて持ってきた子がいました。50個くらいあったのかなー。ムール貝を出したらその時の話で大盛り上がりに。そのパーティーで私が持って行ったのはマキシムドパリのナポレオンパイでした。(かーさんに買ってもらった)マキシムドパリのナポレオンパイ、誰かが誕生日だと必ずお弁当の後にみんなで食べていたクラスでの大人気商品だったんです。市販品のお菓子を学校に持っていくのは禁止だったんだけど、何故かナポレオンパイは怒られなかったというのもあって。ポテトチップとかは即取り上げだったけど。あの差はなんだったのだろか。ナポレオンパイ、誕生日の時はみんなで割り勘でした。




b0048834_0181154.jpg


コロナにはライムを。各自絞っちゃってください。


b0048834_3392937.jpg



タコスの中身になるアボガド。マレーシアで買ってきたすり鉢ですりつぶします。


b0048834_340272.jpg



トルティーヤの上にレタス、トマト、ミートソース、サルサ、アボガド、サワークリームなどなど好みで。はみ出るほどいっぱい入れたほうがおいしいような気がする。



b0048834_19214338.jpg



子供用のスナック。タコチップにミートソース、チーズをかけてレンジで5分でナチョスを。これ、すごーい簡単なのにおいしい。飛ぶように売れました。


b0048834_19223983.jpg



最後のしめはサーティーワンのアイスクリーム。友達へリクエストして買ってきてもらいました。私はいつも同じものばかりを買ってしまうから友達のセレクトは新鮮。実は今回初めてラムレーズンを食べました。おいしかった〜!



今回も腹かかえてたくさん笑いました。脳が活性化されたよ〜ん。今度みんなで会えるのはいつだろう。また集いましょう!!!
[PR]
by mareemonte | 2007-09-28 20:43 | アウトドア | Trackback
バーベキューパーティー!!!
b0048834_739309.jpgb0048834_7421622.jpg




















b0048834_17164849.jpg b0048834_17183470.jpg





















高校時代の友人と集まってバーベキューパーティーを。いやー、どれもこれもおいしかったです。友達の一人がジンギスカンの鉄板を持ってきてくれて特製ジンギスカンを作ってくれたのですが、これが美味!キャベツってこうやって山形に切って周りに敷き詰めて中央で肉を焼くとおいしく焼けるんですね。初めて知りました。



b0048834_21174776.jpg b0048834_172691.jpg





















青い器にはフムス。赤の器にはレバーペースト。白の器はアンチョビ。黄色の器はタラコペースト。黄緑の器はクリームチーズとネギ、エストラゴン。持ち寄りだとパテの種類も豊富になります。パテは初め、普通にバゲットに塗って食べていたのですが、友人のご主人が「アンチョビとクリームチーズ、それとミントって合いますよ〜」と勧めてくださって食べてみたらこれが!おいしい!庭に自生しているハーブをブチブチ切っていろいろ試しました。レバーペーストとローズマリーもおいしかった。5月のハーブは柔らかい。夏になると葉っぱが固くなるんですよね。



b0048834_17272647.jpg b0048834_7455782.jpg





















我が家のル・クルーゼ、色は黒。ホーローびきでないからダッチオーブンみたいです。海老と浅蜊、タラとトマトのアクアパッザはあらかた作っておき、バーベキューグリルの上に乗せておきました。旨味が凝縮されていてこれまた美味なり。



b0048834_7441275.jpg b0048834_1728325.jpg






















小学生チームの肉の食べっぷりにつきあって肉を焼き続けていたら大人が何も食べられないー!ということでピタパンを焼いて子供たちにセルフサービスでピタパンサンドを作らせました。子供って自分で作って食べるの大好きですよね。盛り上がって楽しそうに食べていました。途中、あまりにも風が強くなって、焼きものは七輪で地味に焼くことに。砂肝、うまー。バゲットも炙って食べるとうまい。




b0048834_8514166.jpg b0048834_8562114.jpg




















b0048834_859012.jpg b0048834_859333.jpg





















お祝いがあったので友人がモエのロゼのシャンパンを持ってきてくれました。みんなで乾杯。ほかにもワインやらケーキやらいろいろお土産を頂きました。林フルーツのマンゴー、おいしい。絶妙な熟し加減でした。林檎と苺、キウイとマンゴーのフルーツポンチを。上海土産の熊猫のチョコ、熊猫が箱の中に整然とならんでいてツボにはまり笑いまくってしまいました。上野で熊猫、見たくなっちゃった。



高1の時の同じクラスのメンバーですが中学からの知り合いでもあるから、気が付いたら友達になって四半世紀超えました(驚愕)昔からの友達との集まりは心からリラックスできます。楽しい時間を過ごせました。笑い過ぎて腹筋が痛くなりました。また会おうね。やっぱりたまには顔見なくちゃね。楽しかったよ、本当に。
[PR]
by mareemonte | 2007-05-06 11:42 | アウトドア
ピュイサンスとリリエンベルグの焼き菓子でお茶を
b0048834_948207.jpg


平日は子供の世話と仕事とで忙しいので我が家は殆ど週末におでかけすることはありません。土曜日は部屋の掃除と庭仕事、料理の買い出し。日曜は一週間分の料理の下準備と布仕事(ボタンつけとか手洗いのセーターとかほつれた糸の始末とか)。日曜の仕事をなんとかやっつけても3時くらいになってしまうので行けて近くの公園が精いっぱい。

せっかくだから公園でお茶をすることにしました。

敷物は20年近く前のラルフローレンの毛布、お茶は魔法瓶に入れて篭に入れたをピュイサンスリリエンベルグの焼き菓子をお伴にしました。


b0048834_100412.jpg


ピュイサンスのカヌレ、フィナンシェとリリエンベルグのフィナンシェ。
ピュイサンスのパティシエはオーボンビュータン出身なんですよね。オーボンビュータンといえば私が学生だった頃に尾山台に出来た店ですが友人が「すっごいおいしいケーキ屋さんが出来たんだよ」と学校に持ってきたのを食べたのが初めてでした。(いや、20年近く前だよ・・。)「こっ、こんなうまかもんがあるのかいっ」とびっくりしたのをよーく覚えています。あまりにも感動したので早速店まで買いに行ったのですが何がおどろいたってその怒鳴り声。それから何度か行きましが、いつも怒鳴り声が聞こえてきたので「おいしくって怒っている店」と当時の私の頭にはインプットされていたものでした。ピュイサンスのパティシエもきっとあの怒鳴り声の中にいたんだろうなあ・・。随分前から静かな店になったようですがパティシエも丸くなったのかな・・。
基、ピュイサンスのフィナンシェですが表面がカリッとしていて中がしっとりしていて
すこぶるおいしい。この表面のカリ感、オーボンビュータン系です。いや、フランスの伝統をそのまま忠実に再現しているというべきか。
リリエンベルグのフィナンシェはピュイサンスのそれと比べるともっと柔らかな味です。
カヌレはリリエンベルグでは取り扱ってなかったのでピュイサンスでのみ購入。お酒の味がするので子供達は敬遠していましたが、私は本々カヌレが大好きなので満足、満足。
ピュイサンスは焼き菓子のバリエーションが豊富で私が住むこの辺りではここでしか買えないようなフランス焼き菓子が揃っています。

b0048834_10241153.jpg


まるいマドレーヌがリリエンベルグのものでシェル型のものがピュイサンスのもの。
フィナンシェもそうでしたがリリエンベルグの焼き菓子は全体的にふんわりしています。ピュイサンスのマドレーヌは表面のカリ感と中のしっとりした感じはフィナンシェに通じる所であります。
どちらの店も魅力的なたたずまいだし、味もいいし、有名になるだけのことはあるなあと思いました。


b0048834_10294888.jpg


お菓子をのせたのはハワイのアラモアナショッピングセンターにあるコンプリートキッチンで購入したプラスチックのケーキ台に大小のウッド製の皿の組み合わせたもの。外に持っていくのにプラスチックや木のものは割れる心配をしなくていいので楽です。
木のものは秋の空によく似合うし。

おいしいお菓子を外で食べてそのまま公園で思いっきり遊べるので子供には好評のお茶会でした。
[PR]
by mareemonte | 2005-11-29 10:43 | アウトドア | Trackback | Comments(10)