インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
タグ
(344)
(258)
(142)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
タグ:和食 ( 79 ) タグの人気記事
ばいこう堂「さぬき和三盆」で「日本のおかず」より かぼちゃの甘煮
b0048834_101745.jpg

久しぶりにかぼちゃの甘煮を作る。
b0048834_10117100.jpg

メタルビーズ教室のH内さんが、帰省された時に買ってきてくださったばいこう堂のさぬき和三盆。なんとも上品。せっかくの和三盆だから、京味レシピでかぼちゃの甘煮にしました。きっとこの和三盆だったら、より美味しく仕上がりそうだと思ったから。

かぼちゃの甘煮はこの本を参考に作りました。

京味の西健一郎さんの本。すごくいい本だと思う。なんでもおいしく出来る。でも手ごわい本です。プロセスが丁寧には書かれていない。私もこの本を参考にして作っていますが、プロセスにない自分独自のコツみたいなものを加味して調理しています。(使う鍋の大きさやかぼちゃへの味の染み具合など)本に載っている食材と調味料のバランスはさすがに素晴らしい。

H内さん、お陰様で大変おいしいかぼちゃの甘煮が仕上がりました。和三盆の甘味の品の良さが決め手だったと思います。どうもありがとうございました。




中高生のお弁当

グルメ・料理(全般) ブログランキングへ
by mareemonte | 2015-06-05 11:00 | 本と料理
薫る大人の醤油
b0048834_12433123.jpg

最近大ハマリしているのがこちらの薫る大人の醤油 メタルビーズ教室にいらしてくださっているI田さんから頂いたもの。
「サーモンにかければスモークサーモンのような味になりますし、燻された香りがついて、本当においしい醤油です」
とI田さん、仰ってらしたけど、まさにその通り。すごくおいしくて、もう2本目突入してしまいました。このお醤油は常備でございます!
b0048834_1243414.jpg

この日の料理だと
烏賊のバター醤油焼きと帆立の照り焼きに使いました。何にかけてもおいしいけれど、特に魚介類との相性がいいように思います。


薫る大人の醤油 70ml

b0048834_1474210.jpg

I田さん、I田さんのおうちのチワワちゃんの写真を見ながらモチーフ作りました。ブローチサイズで仕立てたので、次回是非作ってください!(チワワ以外にもミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリア、シーズー、マルチーズも新作です!)去年のワンちゃんシリーズから5犬種しか増えてない・・・。ブルテリア、まだ作ってないですね・・・。もっと増やします・・・。
お醤油とても美味しかったです。どうもありがとうございました




グルメ・料理(全般) ブログランキングへ
by mareemonte | 2015-06-02 11:00 | 台所
和風だし塩
b0048834_9355517.jpg

久原本家の和風だし塩。メタルビーズ横浜教室のMさんに頂いてから、えらく気に入ってこれで何本目だろう。この和風だし塩は我が家の定番調味料となりました。
b0048834_936487.jpg

この日のおやつは素揚げした蓮根に和風だし塩を振って、おやつに。
Mさんは「焼うどんに最後に一振りするとおいしいですよ」と仰っていたけど、そういえばまだやってないな。春休みのお昼に一度作らねば。Mさん、どうも有難うございました。すごく気に入って使っています。
by mareemonte | 2014-04-03 09:42 | 台所
おせちの詰め方写真まとめ
b0048834_16465319.jpg

2015年のお節料理。実家の母の具合が悪く、お節料理を実家に運んで一緒に食べた。横浜の私の家から実家までは2時間半くらいかかるので、お刺身など生ものは避け、タンパク質類は全て火を通したもので献立を組み立てた。

b0048834_22282590.jpg

2014年は喪中のお節料理となりました。
一の重
b0048834_22284326.jpg

二の重
b0048834_22285776.jpg

三の重
2013年は中国で年末年始を迎えたのでなし。
2012年は北海道で年末年始を迎えたのでなし。
b0048834_23393977.jpg

2011・一の重
b0048834_2340860.jpg

2011・二の重
b0048834_23401844.jpg

2011・三の重
b0048834_23402944.jpg

2011・四の重
b0048834_23423097.jpg

2010年北海道で年末年始を迎えたのでなし。
2009年
b0048834_2353374.jpg

一の重
b0048834_23424451.jpg

二の重
b0048834_23425664.jpg

三の重
b0048834_23435320.jpg

四の重
b0048834_23451314.jpg

2008年
b0048834_23452493.jpg

一の重
b0048834_23584093.jpg

二の重
b0048834_23454030.jpg

三の重
b0048834_23463015.jpg

四の重
b0048834_23465528.jpg

2007年の一の重
b0048834_23472572.jpg

陶器の重箱
by mareemonte | 2014-01-06 22:31 | 重箱
おかずの素8を使い切る&シダの群れ 港の女編
b0048834_8524426.jpg

週末のこと。
シダの群れのマチネを観に行くので、夫と子供に昼ご飯を作る。
おかずの素8で作った揚げ出し茄子を使い切りたくて、茄子と豚しゃぶ、大根おろしと白髪ねぎのサラダを作る。大根おろしと白髪ねぎはたっぷりがよろし。
他、和風ハンバーグピーマンのせ(前の日のハンバーグの種が残っていて、小さいものしか作れなかったので、つくね風に仕上げました)、きゅうりとトマトとベーコンのサラダ、茶碗蒸し。写真にはないけれど、白米。

「じゃー食べといてください!私は行くので!」
と言い放ち、一人渋谷へすっ飛ぶ主婦。

シアターコクーンで14時からのマチネ。
出演者は阿部サダヲ、小泉今日子、小林薫、豊原功補、などなど豪華なラインナップ。
俳優は誰もすごくよかった。
なのに!
あんまり面白くなかったんです!
どうもこの作品は続きものらしいのです。港の女編はシダの群れシリーズの3作品目で(それを知らずにチケットをとった私が馬鹿なのか)1作品目、2作品目を見ていないと分からない部分があるみたい・・・(いや、それすらもよく分からない)しかも4作品目もあるのか?的な中途半端な幕切れ感。俳優が誰しも素晴らしいのに、こんな事ってあるんだ、と衝撃さえ受けましたです。誰だ責任者。小泉今日子は色っぽくてきっぷがいい姐さんで、素晴らしかったぞ。謝れ。渚のハイカラ人魚に謝れ。


俳優は皆素晴らしかった。客席も埋まっていた。(あれだけの俳優が集まっていたら、ネームバリューだけで人が呼べるよね)きっと興行的には成功するんだろう。でも作品的成功なのか、といったらどうなんですかね?いくら続きものの作品だったとしても、私のように何も知らずに初めて見る客もいると思うしさ。1話毎に完結した作品であって、その上で話が続いていくんならまだしも。こちとら家族に昼ご飯マッハで作って、自分はコンビニで買ったおにぎり食べて、なんとかかんとか時間作って見てるんだぜ。おいこら主婦なめんな。何ともモヤモヤした気持ちを抱えながら、どら焼きを買って帰る。





今年はおせち料理は作らないんですが、毎年買っているので今年も買います。
「きょうの料理」のおせち特集。
毎年ちょっとずつ切り口が違っていて、面白んだよね。
この本を買うとああ、今年も年の瀬が近づいてきたなあ、と実感します。
by mareemonte | 2013-11-28 09:21 | 劇やら映画やら
おかずの素で週末ご飯
b0048834_723029.jpg


おかずの素 8を使って週末の昼ご飯。これは一人分の写真です。
1 きんぴら牛蒡と牛肉の炒め物 七味を振っています
2 揚げ出し茄子 白髪ねぎ添え
3 茶碗蒸し 鶏肉 かまぼこ入り
4 こんにゃく、ほうれん草、舞茸、人参の和え物

3と4は新たに作ったもの。1と2がおかずの素を使っています。 





今週末に本棚の整理をしました。
子供の本がどんどん増殖中。でも本棚にも限りがあり、そこで料理本のコーナーに大々的な見直しが迫られたのでありました。だいぶ処分したのですが、松本忠子さんの本だけは全て手元に残しましたです、はい。松本さんのレシピは丁寧です。手順も多いかと思います。でも簡単で楽で、といったレシピでは出せない味があります。

今週末の料理で一番家族に人気があったのは4番のレシピでした。こんにゃく、人参は細く切り、舞茸は手でむしります。ほうれん草は茹で、水気を切っておきます。こんにゃく、人参、舞茸はそれぞれ下味をつけ、炒め、ほうれん草と合わせ、すりごまと調味料を入れます。使っている食材が多い分、確かにこのレシピが一番手間がかかります。でもその手間はちゃんと丁寧な味になって返ってくるんですよね。うー(呻)年々、丁寧な作業の大事さに気が付かされる自分。やっぱりここなんだよなあ、ポイントは・・・・。 
by mareemonte | 2013-11-25 05:54 | 和食
おかずの素 8
b0048834_10203225.jpg


今週はお野菜多めで。
きゅうりの浅漬け
茄子の揚げ浸し
茄子のゴマダレ
麻婆茄子
薩摩芋の甘煮
トマトの醤タレ漬け
きんぴらごぼう
蓮根のきんぴら

茄子料理が3品も。どんだけ茄子好きなのか。


とりあえず何でもいいから作っておこう、となるとどうしても和食になってしまう。
すると子供達(特に下の娘)から「また和食!洋食が食べたい!」とブーイングをくらう。

うちの台所はすごく狭くて、だから置ける調味料も限られる。そうするとどうしても作る料理も限られてしまうんだよね・・・。中華には中華の、洋食には洋食の調味料があって、それらを全部揃えていたら、台所が溢れてしまうよ。どうしたらいいんだろうなあ。悩ましい。
by mareemonte | 2013-11-21 10:45 | 台所
秋のもてなし料理
b0048834_22183895.jpg


秋の料理。
各料理のポイントの覚書

・大根の漬物
大根はかつらむきにする。
レモン汁を絞り、もむ。
蜂蜜を混ぜる。
梨をすりおろし、加える。
軽く絞り、出来上がり。

蜂蜜の味が重要。
大根のしぼり汁、レモン果汁、蜂蜜、梨のすりおろしが入った汁はそのまま飲む。
喉が痛い時に飲むとよく効きます。上の娘はこのしぼり汁を飲んで喉の痛みが一発で消えた。

・薩摩芋の甘煮

砂肝とカシューナッツ、きゅうりの和え物
六本木の華都飯店で食べたものがおいしかったので、真似した。砂肝は紫蘇と炒める
カシューナッツは炒る
胡瓜はピクルス溶液につけておく
食べる寸前に和える
だいぶ自宅用にアレンジされちゃったけど、これはこれでおいしい。

・出し巻き卵

・大根と人参の牛肉巻き
大根と人参は切り揃える
大根と人参は蒸し器で蒸す。
蒸されたものを出汁と塩の入った溶液で軽く煮含める。あまり柔らかくなると歯ごたえが楽しめなくなるので注意
牛肉で巻いてテフロンのフライパンで四方を焼く。
牛肉は固くならないように。焼き方の調整が肝。
出汁と牡蠣醤油を煮詰めたものを漬け汁にして、漬けておく。30分くらい。あまり漬けこむと辛くなるので、当日の朝の仕事とした方がよい。

・蟹御飯

御飯を入れた蓋物と箸置きは京都で新婚の頃買ったもの。緑の皿は韓国で。小さな小皿は新宿の伊勢丹だったり、横浜のららぽーとだったり、大阪の道具街だったり、いろいろ。
by mareemonte | 2013-10-27 08:59 | 重箱
秋の松花堂弁当箱
b0048834_8415541.jpg


ひさかたぶりの松花堂弁当箱。大人の秋のお弁当です。
さつまいもご飯
鮭の西京漬け
焼きかしわと大根
出汁焼き卵
白菜の柚子漬け
ほうれん草としめじの和え物
茄子の揚げ浸し

野菜ものは仕込んであったおかずの素を。



久しぶりにさつまいもご飯を作ったら出汁が足りなかったのか?
お焦げだらけに・・・(涙)
皆さん、ごめんなさい。
by mareemonte | 2012-10-04 06:49 | お弁当
2012小学校運動会弁当 気温の変化で味落ちするものしないもの
b0048834_1558390.jpg

週末は運動会でした。晴れてよかった。
我が家のお弁当は相も変わらず唐揚げとおにぎり中心です。
b0048834_15582025.jpg

おにぎりは
「何はなくとも塩結び」
な長女と
「韓国海苔の巻いたお結びがいい」
という次女の両者にらみ合いが続き、一歩もひかないので2種類作ることに。
おにぎりのお重には
・八方出汁で煮たこんにゃく(○)
・煮たかぼちゃ(○)
・きゅうりの漬物(▽)
・ソーセージ(○)
・出汁巻き卵(○)

を入れました。

そして
・唐揚げ(○)
・とうもろこし(○)
・枝豆(○)
をもう一つのお重に。

食べ物の各名称の後についている記号は長時間置いた後でもおいしく食べられたものです。きゅうりの漬物だけ唯一味が劣化していました。劣化、というか、気温が高くて、きゅうりがぬるかったんですよね・・・。これは次回からいれないと思います。


b0048834_15584137.jpg

今年は六花亭でもらった風呂敷に包んで。この風呂敷、綿じゃないからシワになりにくく、とっても扱いやすいです。


ところで優勝旗授与の時に娘の学校ではヘンデルの「見よ、勇者は帰る」を鼓笛隊が演奏するのですが、昭和は私の頭ではどーしても伊東四朗の「にーんにーきにーんにーん」に変換され、心の中で四朗と一緒に口ずさんでしまいます。ナウゲッタチャンス!
b0048834_17362382.jpg

by mareemonte | 2012-05-27 07:50 | 重箱