インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 01月
more...
タグ
(344)
(258)
(145)
(79)
(57)
(50)
(49)
(47)
(45)
(41)
(39)
(35)
(32)
(25)
(25)
(23)
(19)
(18)
(18)
(16)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
チェンジFX
記事ランキング
画像一覧
タグ:韓国 ( 45 ) タグの人気記事
韓国 江南 トダムゴル
b0048834_653594.jpg

韓国はいつも明洞近くに宿泊しますが、食事は江南に移動することが多いです。
トダムゴルはチゲとかパジョンとかプルコギとか、韓国らしい食べ物がいろいろ食べられる。
写真はドングリのサラダです。プルプル、モチモチ、さっぱり。ずーっと肉ばかり食べていたのでどんぐりサラダがとってもおいしかった。どんぐりサラダは日本であまり食べられないですよね。癖のない味ですし、是非一度。
b0048834_6541374.jpg

パジョンは薄くて小さめのものがたくさん皿にのってきます。
b0048834_6542496.jpg

トダムゴルの一番の人気メニューの石焼きプルコギ。
炭で焼いているので、肉に炭の味が移って、香ばしい。

강남구청담동 49-1
江南区清潭洞49-1
02-548-5114
11時半~23時まで
[PR]
by mareemonte | 2011-02-05 07:03 | 韓国 
顔にカタツムリ投入
b0048834_733125.jpg

韓国コスメ、最近のヒットはこちら。トニモリのカタツムリクリーム!
インテンスリペアライブスネイルクリーム(アイクリーム付き)です。
お店のお姉さんが強力に勧めるので「じゃあサンプルおくれ。今日使ってみて決めるわ~」。
試しにその夜ホテルで使ってみたら、あら?これいいんじゃない?かなりいいかも。買うかも!と次の日の朝、明洞のお店に一番に行って買ったのでした。
しっとりよく馴染み、保湿力がとてもあります。布教か?くらいメタルビーズの時に生徒さんにもお勧めしちゃったりして。(ええ、ほんとに何のゆかりもないんですが。)
[PR]
by mareemonte | 2011-02-02 07:36 | コスメ
カン・ホドン 678(ユッチルパル)
b0048834_9121472.jpg

はなまるマーケットの韓国特集に出てましたね。あー、これで観光客がたくさん行っちゃうんだろうなあ・・・(涙)最近韓国に行くと、毎回ここで肉を食べてます。サンボンハログイよりもこっちに行く回数が多いです。
チェジュ島の豚肉でおいしいのだ。
b0048834_9145141.jpg

お肉はすごくおいしい。が!それは肉の焼け具合がドンピシャだった場合である。
韓国の友達と肉を焼きながら受験の話になって、話に夢中になっていたら肉が焦げてしまった・・・・。
どんなにおいしくても焦げたら駄目です。(当然)
肉を焼くことに集中して適正な焼け具合だった時は本当においしいですよ!
b0048834_915488.jpg

「ユッチルパル」と書いてあります。

ケランチム、トンチミもおいしいです。サイドメニューでぜひ~。
[PR]
by mareemonte | 2011-01-31 09:12 | 韓国 
教保文庫・2
b0048834_10543526.jpg


「インタビュー?何聞くんだ?いつまでかかる?」
そんなんで世の中楽しいですか?と聞きたくなるほどマネージャーは終始ふてぶてしかった。

「あんたね。聞いていいことと悪いことがあるんだから。質問内容はまず私に話して。」
「はい。まず、美容についてお聞きしたいのですが。」
「美容?この子はね、女優だから。美容について話す必要はない。」
「じゃあ女優という職業について聞けばいいということですか?」
「それも話す必要はない。」
「話す必要がない。」


私はマネージャーの言葉をそのままおうむ返しにした。



「何を聞けばよろしいですか?」
「そのくらいの質問数、用意してきてるんだろう。あんたプロなんだろ?」


この手の人間はどういうわけかある一定の割合で存在する。香港にもいたし、日本にもいた。日本の時は大変だった。女優のインタビューはとらせず、延々とマネージャーが自分の自慢話を始めたのだ。やれこの間は大御所カメラマンと飲みに行っただの、テレビ局のおえらいさんから自分の能力をほめられただの。女優の顔はどんどんこわばっていき、私に小声で「すみません」と言った。女優はほどなくしてこの困った事務所をやめ、大手にうつり、今ではすっかり有名女優になった。ところで今日はどうしよう。この女優は韓国では有名だけれど、日本では無名。いくら美しいからといって無名女優の文章のないインタビューページなんて。写真だけじゃもたない。あ、そうだ、写真。まずは出来るところからやっていかないと。

「じゃあ、まずお写真を撮らせて頂いてよろしいでしょうか。」
「写真?そんな約束はない。」
「いえ、ありました。お写真の約束はしておりました。」
「そのつもりはない。」
「じゃあ、写真は掲載しないと。」
「MBCでポジを借りればいいだろう。今ドラマの最中なんだからたくさん写真の用意はある。」
「それでは駄目なんです。」
「駄目の理由はなんだ。」
「それは・・。」
「ほら、答えられないだろう。理由なんてないんだよ。」

高笑いするマネージャー。やれやれ。とんだおっさんだよ。さあ、どうする。こっちだってページを飛ばすわけにはいかないんだ。

「MBCにあるポジフィルムはドラマ現場のものですよね。写真の目線がこちらにあるものばかりではない。他の出演者も写真の中に入っている可能性が高い。現場の光がきれいに女優にあたっているものばかりではない。でも今日はカメラマンがいる。女優を美しく撮るように準備している。写真を使うならより美しく撮れている写真のほうがよくありませんか?」
「あんたがポジ室で目線があって、女優が一人で写っている写真を探せばいいんだよ」
「もしなかったら。」
「ないってことはない。」
「言い切れませんよね?それにだいたいじゃあ、どうして取材を受けたんです?取材許可を出したのはあなたですよね?」



「ねえ。」
ずっと黙っていた女優が口を開いた。
「本を買ってきてほしいの。」
女優が言った。
「本?」
「そう。今読みたいから。私、何もすることがないし。教保文庫に行ってきて。」
静かに、でもきっぱりと女優はマネージャーに宣言した。
「私は本が読みたいの。」
「それは今じゃなくても。」
「今よ。」

女優がまっすぐマネージャーを見る。
美しい。
美しい。
美しい。
美しすぎて凄みさえ感じる。威圧しているわけでもないのに従わなくては、と思わせる女王のような堂々とした風情。マネージャーはしぶしぶ席を立った。

「教保は市庁のほうの教保よ。本の領収書、もらってきて。それとタクシーで行ってね。タクシーも領収書、もらってきて。」
「本なら狎鴎亭にも大きな本屋があります。そこならすぐ戻ってこれるし、それにタクシーで明洞側なんて、汝矣島からですよ?漢江を渡るなんて。この時間に行ったら・・・」
「じゃ、よろしくね。」




「ごめんなさいね。びっくりしたでしょう。じゃあ始めましょう。」
「あ。」
「さあ、何から話しましょうか?私に話が聞きたくて日本からいらしたんでしょう?何でも話しますよ。恋愛のことだってなんだって。」





市庁そばの教保文庫の前をタクシーで何年かぶりに通りかかった。そうだったね。そんなことがあった。なんてハンサムな女優さんなんだろう、と現場にいたスタッフは男女問わずみな、この人に惚れたんだっけ。マネージャーはそれから3時間はゆうに戻ってこなかった。市庁は汝矣島から地下鉄で行けばそれほど時間のかかる所ではない。でも車だとそうはいかない。漢江を越えて反対側に行く道はどの道も夕方はひどい混みようで、道には車で出来た絨毯が広がってしまうのだ。「渋滞がひどいのね、きっと。」カラカラと笑い「マネージャーには私が連絡しておきます。もうインタビュー終わりですね?聞き残しはないですか?大丈夫ですか?」
と言いながら女優は一人でスタスタと帰っていったのだった。

今、再放送で「大長今」をやっている。美しく、賢く、冷静で時に大胆。まさにあなたそのものですね、李英愛(イ・ヨンエ)さん。あの時の現場関係者、今でもあなたのこと、みんな大好きです。そしてご結婚おめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに。心から祈っています。
[PR]
by mareemonte | 2009-08-26 05:19 |
教保文庫・1
b0048834_2215666.jpg





金浦空港からソウル市内に入るとき、いつも漢江の近くにそびえる国会議事堂を眺めた。


「汝矣島は韓国ではね、遠足に行くイメージなんだよ。国の重要な機関がたくさんあるでしょう。小学生なら一度は行くね。」
「日本の霞が関みたいな所か。国会議事堂は大きいんだね。日本のより大きい。」
「比較的新しいからかもね。この建物が建つ前は京城府民館という建物が国会議事堂としての役割を果たしていたのね。今はソウル市の市議会庁舎になってるんだ。」
「ふうん。インヨンは物知りなんだね。」
「だって韓国の歴史だから。今日はね、汝矣島に行くのよ。MBCは汝矣島にあるから。」
「韓国のテレビ局は汝矣島に全て集結してるのってなんでなの?」
「さあ、それは分からないなあ。」
「タレントが移動しやすいように?」
「そうではないかも。韓国はね、テレビ局に専属のタレントがついていて、たとえばMBC専属のタレントはMBCしか出ないのね。だからテレビ局のはしごみたいなことは日本よりないんだよ。有名になってくるとどのテレビ局でも出られるんだけどね。」
「へえー、昔の日本の映画産業みたい。東映専属女優とか、そんなかんじ。あ、東映って分かる?日本の映画会社。」
「知ってる。」
「テレビ局っていくつあるの?」
「大きいのは三つ。KBS、MBC、SBS。KBSは日本でいえばNHKみたいなかんじかな。公営放送だから。
「MBCは?」
「民放。韓国はね、どこのテレビ局も自局のタレントを持っていてね。タレント公採っていって、新人の登竜門みたいなもんね。」
「昨日のモデルの子はMBCの専属タレントって言ってたね。」
「うん。」
「今日のインタビューの話をしたらすごく羨ましがってた。タレントにも人気の女優さんなんだね。」



1997年のMBCで放映されたドラマ「ドクターズ」に出演していた女優に今日はインタビューである。

「だけど不思議がっていたよ。日本からの取材だなんて。日本で韓国のドラマ、見られるの?」
「見られない」
「なんで知っているの?韓国のドラマ。」
「私は出張の度にこっちでドラマ、見るから。夜はやることないんだもん。テレビ見るしかさ。それに韓国ドラマって言葉が分からなくてもなんとなくだいたいわかるよね」
「話が単純だからね」
「あと二夜連続だからまとめて見られるのがいいんだよ。日本は週に1回のペースなの、ドラマって。」
「韓国は水・木ドラマ、とか週末ドラマ、とか2夜連続が普通だもんね」
「週に2回だと断然はまるよー。だけどさ、週2回もみんなちゃんと家に帰ってこれるの?1回どっちか見逃したりしないわけ?」
「見逃しても次の回から見てもだいたい分かるから。話が見えなくなるってことないもん。」
「なるほど。」


MBCの玄関ホールにはソファとテーブルがたくさんあり、ここで待ち合わせだった。

「こんにちは。」



今までどうやって生きてきたんだろう、この人。
こんなに美しいなんて。


肌が抜けるように白い。向こう側まで透けてしまいそうだ。目は茶色。筋の通った鼻に赤く形の良い唇。長袖のブラウスから手が見える。細い手首と長い指。折れてしまいそうなほど細いけれど、しなやかに動く。この人、ただ歩いているだけで噂になってしまうだろう。私は彼女から目が離せなかった。
[PR]
by mareemonte | 2009-08-24 21:27 | | Trackback
これはなんでしょう?
b0048834_9565948.jpg


なんとじゃがいも。
フライドポテトなんですよー!
韓国の屋台は楽しいな。
[PR]
by mareemonte | 2009-08-04 09:33 | 韓国 
チゲ、チヂミ、ポッサム、パンチャン、ビビンバ!
b0048834_18545214.jpg

b0048834_1856535.jpgb0048834_18565436.jpg









b0048834_18581423.jpgb0048834_18584835.jpg









b0048834_1902531.jpgb0048834_191650.jpg










b0048834_1941092.jpg



麻布十番の友達の店に遊びに行った後、お台場でライブ。ゆりかもめに乗って新橋に戻ってきたら夜の10時をまわっていました。新橋、銀座って思っていたより食事をする店のラストオーダーの時間って早いんですね。9時半とか10時あたりが多くて。銀座だとかっこいいお姐さんがお店がはねた後、寿司をつまんで帰る、みたいなのがあるかもしれませんが、こちとらお台場で2時間半シャウトしてきた身です。耳の中はワンワンしてるし、喉はカラカラだし、興奮冷めやらずだし、上品に寿司をつまんでなんていられません。ということで夜遅くまで営業していて、しかもおいしくてガッツリ食べられる店=韓国料理という公式が頭の中に浮かび上がって参りました。
この公式、正解でした。おいしかったー!!パンチャン(前菜)の小魚入りのナムル、いつまでもどこまでも食べられそうでしたし、キムチもなかなかおいしかった。これでかなり幸せモード。
そしてチヂミ!!をを!チヂミ!おいしー!「うまいっ」「うまいっ!」連発で最後の最後まで食べていたら、そのうちあまりのお腹いっぱいさに喋れなくなっていった・・・。そして立てなかった・・。だけどこの海鮮チヂミ、さっくりと軽くてお腹いっぱいになるにも、胃がむかつかないのですよ。油いっぱい使ってると思うんですけど、野菜がたくさん入っているせいでしょうか。危険です。一皿いけそうでした。
ポッサムは韓国のアックジョンにある「ケファオッ」というお店のものに似ていました。最近は日本でも食べられるんですね。これもおいしいです。チゲもビビンバも高水準。この店なら韓国人の友達を「日本にもおいしい韓国料理の店があるよ」と自信を持って連れていけます。夜も10時過ぎだったので並ばなかったのですが、平日のもっと早い時間はいつも混んでいて、並ぶことも多いとか。予約も一杯だそうです。ラッキーでした。
[PR]
by mareemonte | 2007-04-01 18:57
韓国菓子
b0048834_23273465.jpgb0048834_23281753.jpg





















えーと、ハン・ボクリョ先生の先生がプロデュースしているお菓子の店の名前を探しているのですが、ちゃんとした名前が調べられないので包みの写真をのせておきます。
リボンに「チファジャ」と書いてあります。あと食文化、と漢字でも書いてあります。

右の写真の油菓子、これがふわふわで繊細でおいしいですよ。

嘔吐下痢症が直ったと思ったら昨日は食あたりしてしまった。さっきまで寝ていて、目が覚めて起きてしまった。寝たらだいぶ楽になった。ああ、苦しかった・・。明日の全体練習、行けるのだろうか。不安だ・・。
[PR]
by mareemonte | 2006-03-01 23:29 | 韓国  | Comments(10)
大長今 料理指導のハン・ボクリョ先生のお菓子
b0048834_1375349.jpg


お友達が韓国に遊びに行って、お土産を送ってくださいました。
ハン・ボクリョ先生のお菓子ではありませぬか!をーっ、有難うございます。



b0048834_13101027.jpg


この間韓国から日本へ遊びにきていた友人がお土産でもってきてくれたどんぐりのお茶を合わせてお茶にすることにしました。

b0048834_1311654.jpg


ハン先生の所の油菓子は軽くてさっくりしていて本当においしい。以前仁寺洞の博統茶院というお茶屋さんで食べた油菓子もとてもおいしかったのですが、このお菓子ポピュラーな割に当り外れが大きいんです。免税店で買った時は油っぽくて歯ににちゃにちゃとくっついて決しておいしいとはいえない代物でした。
「買いたてはもっと軽くてもっとおいしいのだけど」とメールを頂いたのですが、何をおっしゃる、ちょっと日がたっても十分おいしかったです。
このお菓子は後味に生姜のほのかな辛さが舌に感じられるのですが、それが香ばしく甘いどんぐりのお茶との調和を生み出し、それはそれは幸せなお茶の時間を作ってくれました。

b0048834_133377.jpg


今回初めて食べたのがこの四角のお菓子。名前はヤックァ(薬菓)です。菓子の裏面にはケソンヤックァと書かれていますが、ケソンは個性と訳すのかな・・。個性薬菓?薬のお菓子?漢方薬でも入ってるのかな?と意味を辞書で調べてみたところ「はちみつ又は砂糖水と小麦粉を混ぜ、こね、型を作って油で十分揚げたもの」と載っていました。裏面に記してある原材料表示を見たところ「小麦粉、ごま油、食用油(大豆)、蜂蜜、塩」と表記。

油で揚げて蜜漬けなんてさもこってりとしているのかと思いきやそこはハン先生、そんな簡単な味付けであるはずがありません。
小麦粉でかたどられた立方体はミルフィーユ状になっており、そのまま食べたらかなりカリカリに揚げてあるようです。これを蜜に漬けてあるため、蜜漬けの特徴ともいえるしっとり感の中にも固めの触感が用意してあり、そしてこの立方体の上に花飾りとして使ってある松の実のコリっとした歯触りと棗のふっくらとした甘さが味の変化となっておりました。
そしてきっとよい油を使ってあるのでしょう、胸焼けをすることもなく、最初の一口で感じた味わいが最後の最後まで続きました。こんなしちめんどくさい説明をつけていますが一言でいうならば「あまくておいしー」です。
以前トルコで似たようなお菓子を食べた事があるのですが、頭痛がするくらい甘くて一口食べただけでおしまいにしてしまったことがあります。この時は小麦粉の塊を何度も使ったであろう、酸化してるに違いない油で揚げたようなものでとてもじゃないけど食べられませんでした。きっとトルコでも一流のお店で同じお菓子を食べたならまた全く違った印象を受けたと思うのですが(空港の売店で買ったのです)。揚げ物は油が命。
油が酸化してたら何もかもが台無しになってしまうなあと思いました。このお菓子の後味はしっかりと甘いのに悪くない、それよりももう一つ、と思ってしまうのは油に留意しているに違いないとふんでいます。

こちらは直球勝負の甘いお菓子ですので合わせたお茶はすっきりしている台湾烏龍茶を。
大事にひとつずつ食べていたのにとうとう今日、なくなってしまいました。いと悲し。
賞味期限は来年の2月とあったので3か月はゆうに持つのに。おいしいものに賞味期限はいらないのね。

どうも有難うございました。非常に美味でございました。
[PR]
by mareemonte | 2005-11-20 13:51 | 韓国  | Trackback | Comments(27)
仁川国際空港
b0048834_9342895.jpg



旅の最後の御飯は仁川国際空港で。
b0048834_936507.jpg


私が旅の最後の食事を空港で食べるのはホテル経営の韓国料理のレストランがあって、そこは何を頼んでも確実においしいからという事と、本屋さんに流通していない
雑誌をゆっくり読む事が目的だからです。

韓国には一流ブランドがてんこもりに載っている雑誌というのは本屋で見る事がないのです。じゃあどこで見られるかというと、外国資本のレストラン、喫茶、一流ホテルのラウンジ、お金持ちソサエティが集まる美容院など限られた所にしか置いてないんですね。最近ではソウルの大型書店で少しだけ取り扱っていますが、それでもまだごくわずか。

そして不思議な事にそんな一般に流通していない雑誌なのにたくさんの種類が出ているのです。ノーブレス、ラクサリー、ファーストレディー、コリアタトラーなどなど。

「タトラー」は元々はイギリスの雑誌でジェットセット族のパーティースナップなどがたくさん載っているものなのですが、アジアではイギリス領だった頃の香港で初創刊されたんですよね。中国に返還されてから香港タトラーの行方は分からないのですが、そちらも本家のカラーを崩すことなく香港芸能人のめくるめくきらびやかな生活を紹介したり、目が飛びでる程お高い宝石がのってたり、濃ゆくて面白い雑誌でした。
そのタトラーは日本にはないのよね。
でも韓国にあるんです。コリアタトラー。これがまた面白いのだ。
これを見たら韓国内で旬の芸能人が誰なのかすぐに分かるし、パーティースナップから人物相関図も推測出来たりして。
こんな雑誌が空港のホテル経営のレストランにはたくさんの種類が置いてあるのです。

今日頼んだ食事はパジョン。チジミと同義語ですが、チジミってどこかの方言なんですかね?ソウルでは通じない事が多いです。
どうしてもパジョンが食べたくて注文してしまったけど、強烈に大きくて4人前くらいだった。くー。でも頑張って完食しました。やったー。
機内食は食べられませんでした。

b0048834_10017100.jpg


番外編。
エリックさんの等身大があったのでぱしゃり。

b0048834_1012265.jpg


空港では「わたしの名前はキム・サムスン」という視聴率50%越えのテレビドラマをバックにしたフォトコーナーが。ヒョンビンー!と意味なくさけんでみる。
[PR]
by mareemonte | 2005-08-17 10:02 | 韓国  | Trackback | Comments(2)