人気ブログランキング |

メタルビーズ教室は8月までお休みです。教室の皆様とは秋にはお目にかかれますように。インスタグラムやってます。metalbeadsroom 下の青いアイコンをタップしてください
by mareemonte
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
京都
マレーシア
イギリス
ダニエルウエリントン
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
散歩
東北
国内旅行
2020日記
自粛生活
stay home
韓国料理
おうちごはん
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
more...
タグ
(368)
(287)
(160)
(84)
(76)
(59)
(53)
(52)
(50)
(45)
(45)
(44)
(39)
(39)
(32)
(28)
(26)
(25)
(23)
(23)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
画像一覧
野田秀樹芸術監督就任記念プログラム 「農業少女」
野田秀樹芸術監督就任記念プログラム 「農業少女」_b0048834_20163130.jpg


野田秀樹の脚本を松尾スズキが演出した「農業少女」。物語の骨子は野田さんの考え方そのものでしたが、演出次第でこんなにも違ってしまうんだなあと。まったくもって松尾さんの劇になってました。くっだらない言葉遊びが松尾ワールド全開。思わず腹抱えて笑ってしまう場面多数です。主演の多部未華子ちゃんはロリロリ全開。かわいー。太ももバーンと見せたり、パンツチラ見せしたり、おばちゃんドキッとしました。「ぎょえー!未華子のパンツ見た!」と心の奥深くで動揺してしまいました。杉本彩女史などよりもエロスを感じる俺はオヤジでせうか。

未華子ちゃんは声が素晴らしい。澄み切った声はすみずみにまで響き渡り、かつ明瞭。滑舌すこぶるよし。15歳の役でしたが、ロリータ的エロスも毒も可愛らしさも表現出来ていたように思います。ただ、悲しみがね・・。立っているだけで悲しく見えるような悲しさというのは感じられなかった。多分こういった感情は想像だけでは表現しきれないと思うので、その点は年齢を重ねればいずれでしょうか。あとダンスがすんごく上手だった。キレよく軸ブレなし。




野田秀樹芸術監督就任記念プログラム 「農業少女」_b0048834_2010291.jpg


百子(多部未華子)は農家が出自で、それを忌み嫌っている。何故嫌うのか。それは具体的ではない。気分かもしれない。電車で乗り合わせた毒草学者の山本ヤマモト(山崎一)はそんな百子に心を奪われ、一緒に暮らすようになる。東京行きの電車に一緒に乗り合わせた江戸弁の女(江本純子)と行動を共にする百子。江戸弁の女と百子は原宿に行ってみる。百子に江戸弁の女は自分の上司を紹介する。都罪(吹越満)だった。都罪はボランティアを主宰していた。その会場で大便をしても臭くならない米を作ると提案する百子。それは面白い、と煽る都罪。農業高校に入学し、農業へ米作りへのめりこんでいく百子。百子は都罪に夢中になる。やがて百子は時代の寵児となり、都罪はボランティアの主催者として有名になっていく。山本ヤマモトはそんな百子と一緒に暮らし、翻弄されながらも庇護し、嫉妬に狂っていく。

都罪は米なんて初めから興味はなかった。ただ、自分に大衆の目が向けばよかった。時代の波に乗り、自分に集まってきた力をつかみ、権力を持つことこそが彼の目的なのだから。

野田秀樹芸術監督就任記念プログラム 「農業少女」_b0048834_10211046.jpg



実際の時間というのは過去・現在・未来という時間軸が存在しています。でも人間は現在に過去を思い出す事が出来、未来に思いをはせることが出来る。例えば今、このブログを読んでいる方でも突然昨日食べたモノを思い出したりすることがあるかもしれない。過去を今、思い出すことで過去を現在にオンすることが出来るわけです。現在と過去を同時進行させることが出来るということです。
これは自分のアタマでは分かっていても、この感覚を他人と共有し、視覚的に他人に理解させるのは上手な脚本でないと非常に難しいと思うのですね。野田さんの脚本はいつでもこの時間の見せ方が素晴らしい。今回も「ほほう、そうなるのか」と唸る場面が多々ありました。

中年男性(山本ヤマモト)が美少女(百子)にダメにされていく話はウラジミール・ナボコフの「ロリータ」が下敷きになっていますが(私はスタンリー・キューブリック版の映画を見たことがありますが、これがまた性に倒錯した怪しい映画で・・・。キューブリック、こえええ)谷崎潤一郎の「痴人の愛」テイストも盛り込まれていたように思います。不幸な幸せというか・・。中年男性が望んだ形の幸せではないけれど、でももうそこから離れられない、不幸さえもが幸せに思えてくるような歪んだ愛。そしてその美少女(百子)も権力(都罪)によって歪められていく。この権力に歪められていく姿というのは脚本の主題でもあるように思いました。全体主義への警鐘なのか、批判なのか、それとも世の中には全体主義のような思想がある、という紹介なのか。この辺りは見る人それぞれの受け取り方なのだと思います。ただ、力というものは両刃の刃で、ある時はヒトを救えるし、ある時はヒトを容易に潰すことが出来るものである、というのは野田さんからのメッセージなのかなと思いました。そしてその全体主義を生むのはほかでもない、大衆の熱狂なのだと。無責任な熱狂は間違った方向に進んでも熱狂が続いているうちは流れを変えることの出来ない怖さがあるのだと。






野田秀樹芸術監督就任記念プログラム 「農業少女」_b0048834_10212651.jpg



ところで松尾さんの生写真、いったい私はどうすれば・・・。後生大事に手帳に挟むしかないのか(悩)
タグ:
by mareemonte | 2010-03-23 11:11 | 劇やら映画やら
<< 3月27日・28日 名古屋 星... 中華街肉まん選手権・7 華正樓... >>