人気ブログランキング |

メタルビーズ教室は8月までお休みです。教室の皆様とは秋にはお目にかかれますように。インスタグラムやってます。metalbeadsroom 下の青いアイコンをタップしてください
by mareemonte
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
京都
マレーシア
イギリス
ダニエルウエリントン
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
散歩
東北
国内旅行
2020日記
自粛生活
stay home
韓国料理
おうちごはん
福岡
未分類
以前の記事
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
more...
タグ
(368)
(290)
(160)
(84)
(77)
(59)
(53)
(52)
(50)
(46)
(45)
(45)
(39)
(39)
(32)
(28)
(26)
(25)
(23)
(23)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
画像一覧
封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」
封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_18583986.jpg


第三舞台「深呼吸する惑星」
2011年12月 マチネ 新宿 紀伊国屋ホール
筧利夫 長野里美 小須田康人 山下裕子 筒井真理子 高橋一生 大高洋夫 
作・演出 鴻上尚史


去年の暮れだったか。秋元康さんが朝日新聞で「見た人の心に確実に刺さるコンテンツ」を作ることが出来ずにいて、いつか心に刺さるものを、という思いがAKBを立ち上げるきっかけとなったというインタビューを読んだ。そしてその発想の元が鴻上尚史率いる「第三舞台」野田秀樹率いる「夢の遊眠社」だったと。秋元康さんが憧れたものの一つは多分、小劇場における役者と観客の距離感なんじゃないかと思う。あの距離の近さがAKBの身近なアイドル、という発想になったんだろう、きっと。物理的な距離、刺さる言葉、スピード感。秋元さんもワクワクしたんだろうな。

第三舞台は10年間封印されていた。その封印が10年ぶりに解かれる。
そしてそれは解散公演となった。
私は鴻上さんのエッセイなどは愛読していたが、舞台を見に行ったことはなかった。
「ハヤタさん、鴻上さんの舞台、行かれます?」
と鴻上さんの担当編集をされていらした方(そして今はとってもえらくなってしまった)からお声をかけて頂いた。それはもちろん参ります。
ということで12月、第三舞台「深呼吸する惑星」を見に行ってきました。

封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_1859875.jpg

新宿の紀伊国屋ホール、15年ぶりくらいかもしれない。前回の舞台は余貴美子さんの舞台だった。こじんまりとした、しかし風格のあるホール。沢山の優秀な舞台を生みだしてきたからなのか、空間そのものにプライドすら感じる。久本雅美さんや野際陽子さん、山本耕史さんからのお花が。華やか。

鴻上さんにお目にかかる。
「おめーよー、10年も連絡よこさなかったじゃねーかよーう」
と舞台に御一緒してくださった方に鴻上さん、絡む。
「いやいや、鴻上さんが第三舞台を封印していたからじゃないですかー」
と仰っていらした。いいなあ、なんか。楽しそう。

封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_18585360.jpg



プロローグ。
葬式の帰りにたまたまその場に居合わせた人同士が故人について少し語りあうところから始まる。
故人はブログをやっていたらしい。
「死んだらブログやSNSはどうなってしまうんだろう?」
「虎死んで皮を残す。人は死んでアカウントを残す」
たわいもない話をしながらあるものは電車で帰り、ある者は会社からの迎えの車を待ち、三々五々散って行った。

封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_2122559.jpg


笑える場面も多いのだけれど、この年齢で見たからこそ身につまされる台詞が多かったです。
なんというんだろう、未浄化な気持ち?心残り?そういうものが登場人物全てにあり、それを抱えながらヒトはどうやって進んでいくか、というのをこの舞台に見たように思います。喪失感、不在感。登場人物は膝をつき、肩を落とし、首をうなだれながらも生きる道を選ぶのね、ただ1人をのぞいて。

封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_9242479.jpg

生きていくことは、
後悔と溜め息を重ねていくこと。
それでも、生きていくことを、
自分から辞めてはいけない。
そして、彼は、
誰も味方になってくれなくても、
戦いを続けていく。

パンフレットの冒頭の書き出しです。



アタシは
・ポジティブ・シンキング
・夢は思い描けば絶対叶う
・人生を楽しむ
などという事はあんまり信用してないんです。
正直なところ。
こういう気持ちってさ、圧倒的な病気を患っていたり、環境が悪かったりしてても湧いてくる気持ちか?道端歩いているだけで爆弾落とされるような所に住んでいたら将来の夢より今日の命じゃね?
ある程度の礎があって、そこからだよね、こんなステキな感情は。

かといってずっとジメジメしてる訳でもないんだけどさ。

楽しいこともある、嬉しいこともある。悲しいこともあるし、絶望もある。それでいいじゃん。いつもいい事ばかりじゃない。良いことも悪いことも何もかも背中にしょって歩けばいい。背中が重くなったらたまに荷物を降ろして休めばいい。そんなメッセージを受け取れる舞台でした。役者さんは皆さん、とっても達者。さすがでした。

封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_9453214.jpg

鴻上さんの舞台は言葉が残る。
台詞が頭に浮かんでくる。
秋元さんが憧れた「心に刺さるコンテンツ」ってこういうことなのかな。

封印解除&解散公演 第三舞台「深呼吸する惑星」_b0048834_9455091.jpg

写真で見ると温和な丸い方(失礼)ですが、本物はセクシーなんだよーう。思いのほか。(またしても失礼)隣は私。満面の笑みがこっぱずかしいので自分は切りました。わっはっは。
タグ:
by mareemonte | 2012-02-03 09:55 | 劇やら映画やら
<< むしやしないの想う壺 おかずの素 2 >>