人気ブログランキング |

インスタグラムやってます。mareemonte3 下の青いアイコンをタップしてください
by mareemonte
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
京都
マレーシア
イギリス
ダニエルウエリントン
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
散歩
東北
未分類
以前の記事
2020年 01月
2019年 11月
2019年 08月
more...
タグ
(368)
(285)
(157)
(83)
(59)
(56)
(53)
(51)
(50)
(44)
(44)
(39)
(39)
(32)
(26)
(25)
(25)
(23)
(23)
(22)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
画像一覧
野田地図「Q」東京芸術劇場
野田地図「Q」東京芸術劇場_b0048834_08493646.jpeg
野田地図「Q」観劇。松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳、橋本さとし、小松和重、伊勢佳世、羽野晶紀、野田秀樹、竹中直人。
主役は松たか子。それからの愁里愛(ジュリエ)が役名です。それからの愁里愛は源氏の人間。それからの瑯壬生(ロミオ)は上川隆也。瑯壬生は平氏の人間。
広瀬すずこと源愁里愛(みなもとのじゅりえ)は、親か殺され、従兄の源義仲(橋本さとし)に育てられている。
源愁里愛の乳母は源の乳母(ウーバー)。ウーバーなので呼んだら来るものかと思いきや、呼びもしないのに来ます。なぜなら乳母だから。源の乳母は野田秀樹さん。世界一乳母が似合うと思った。野田さんのオババ役は真骨頂。
禁欲的な源家と快楽的で耽美的な平家は反目しあう間柄。平家の大将は平清盛(竹中直人)。
羽野晶紀は源の生母になったり、ロミオの母になったり、尼になったり3役。
源氏と平氏の二重スパイをする巴(伊勢佳世)は源義仲と恋仲で、いずれ結婚したいと思っている。
平清盛は欲を成せ、財を成せ、名を成せを座右の銘にしていて、「平氏にあらざれば人にあらず」なんつった台詞も飛び出しちゃうくらい栄華を極め、放蕩した生活を送っている。しかし何で権力を掴んだ人間はこのように傲慢になるのでしょうか。「この世をば我が世と思ふ望月の欠けたることもなしと思へば」とか詠んじゃう人も10世紀にいましたね。
閑話休題。で、その息子が志尊淳で瑯壬生(ロミオ)です。ある日瑯壬生が愁里愛を見て一目惚れしてしまう。そして惹かれあうロミオとジュリエ。しかし2人は敵対する家同士。許される筈のない恋である。
そして愁里愛は言う。ああロミオ、あなたはなぜロミオなの。あなたの名前をお捨てください。

ロミオは悩む。ジュリエの為に名前を捨てられるのか。
舞台は洛中へ。源義仲とロミオが道で会う。義仲と近づきになりたいロミオだったが、友人の平の水銀が刀を抜いてしまう。斬りつける源義仲。散る水銀。怒りの炎を立たせたロミオは義仲の首を取る。

平清盛はもはや法皇よりも権力があるが、法皇のいう通り、ロミオを都から追放することとする。義仲を殺された巴はロミオを地獄の果てまでも追い義仲の弔いをすることを誓うのだった。

追放される前にジュリエに会いにきたロミオ。ジュリエと一夜を共にした後、朝のヒバリの鳴く前にその場を去るのだった。

走り出すジュリエは法皇の庵へ。どうしたら愛するロミオと一緒にいられるかを相談する。法皇は言う。死んだ真似をしろと。毒を飲んで死体のように振る舞うのです。しかしあなたは生きている…ロミオと逃げるのです。
ジュリエは毒をあおり、仮死状態になる。手紙でロミオにその企みを知らせるが、手紙は届かなかった。ロミオはジュリエと同じように毒をあおり、一緒に死のうとするが、2人は死ななかったのだ。

一幕終。一幕はシェイクスピアのロミオとジュリエットが下地になっていて、そこに源義仲と巴御前の話と平清盛の話が組み込まれています。
野田地図「Q」東京芸術劇場_b0048834_08505127.jpg


二幕は清盛が源頼朝を討てという言葉を残し死んでからの世界。安徳天皇が海に沈み、源頼朝が征夷大将軍になり、平氏の残党は馬車に乗る。距離にすれば千里。時間にすれば千年。連れていかれた土地はすべりの。いや、すべりや。シベリアだった。
シベリアで労働を強制される元兵士。基、元平氏。与えられる黒パン120グラム。マイナス三十五度、風速5メートル。黒パン80グラム。有刺鉄線、雪嵐、黒パン40グラム。家族へ書いた手紙は届かない。死んだ身体を最後に身送ったのはシラミだった。

頼朝が死に、恩赦が出た。シベリアから帰れる。名前を呼ばれた者だけが船に乗れる。名もなき平氏、名もなき兵士のロミオは名前を呼ばれなかった。

題名のQは、これは言わずもがなQueenのQ。今回の舞台は、Queenから音楽を使っていいという事で実現出来た舞台なのだそうです。どのようにも使って良かったらしく、ドラムだけ抜いたり、ギターだけ使うのもOK。クイーンから全面的にこの舞台への信頼を感じますが、なんでこんなに野田さんはクイーンから信頼されているのだろう?
そしてQのサブタイトルは ANightAtTheKabuki 。これはクイーンのアルバムオペラ座の夜のオマージュかと思われます。日本語に訳すと歌舞伎座の夜。
源義仲(木曽義仲)と巴御前の話は平家物語の木曽最期のエピソード。平清盛から源頼朝の挙兵の辺りがエピソードになっているのは源平盛衰記かなと推測。
14世紀のイタリアの話と12世紀の日本の話しと20世紀の戦争の話が融合された物語は非常に分かりやすく、スムーズで、それが怖くもありました。この話しが分かりやすいということは、1000年前から権力を持つ者の傲岸と権力を持たざる者の悲しみは変わらないという事と同義だからです。
今回のこの舞台は、香港の内戦(と呼んでもいいと思う)や、日本の桜を見る会とか、ベネッセ問題(私は個人的には桜を見る会も相当アレだが、ベネッセ問題が深刻だと思う。ベネッセ問題はこのまま突き進むと、日本の教育は崩壊すると確信しています。あれはまずい。)が風景として重なってしまい、かなり辛い気持ちになりました。特に二幕。権力のある太った人間を痩せ細った人間の労働で支える姿は舞台とはえいども辛かった。

野田地図「Q」東京芸術劇場_b0048834_08514323.jpg


広瀬すずはテレビで見るより実力者。不吉に美しかった。身体能力も非常に高く、特に毒をあおり仮死状態になる辺りの身体の動きは鍛錬の賜物。今回初舞台だそうですが、素晴らしい舞台女優になるでありませう。志尊淳さんもテレビで見るより良かった。テレビだとナヨナヨして見えるけど(私が見る時はいつもそういう役)舞台上では身のこなしの軽い、声のいい、将来を嘱望される俳優である事は間違いない感じ。
松たか子さんと上川隆也さんは安定して素晴らしい。竹中直人さん、羽野晶紀さん、小松和重さん、伊勢佳世さんも持ち味が滴るように出ていて、役者は全て揃っていた。
野田地図の衣装はいつも素敵だけど、今回特に好きだった。衣装はひびのこずえさん。平清盛から源頼朝の辺りの12世紀の雰囲気を纏いながらも現代の戦争のイメージも重ねられる衣装。

「ザキャラクター」「南へ」「MIWA」「足跡姫」「エッグ」「逆鱗」、そして今回観た「Q」。「戦争とは」というテーマがどの作品にも存在します。

今、野田さんは60代。実際は戦争を直接体験していない世代ですが、野田さんの親世代は戦争の渦中にいた世代実際に戦争に行った人を見てきた世代は、野田作品は戦争が主題の一つとして通底している事を感じられるけど、下の世代に行けば行くほど、分からないんじゃないかと思う。だって、身近じゃないから。だから野田さんは嫌がるだろうけど、解説は必要なんじゃなかろうか。と思い、詳しい感想文を書いてみました。


ところで、2022年度から国語教育が変わります。文学が省かれ、実用的な国語に舵が切られるとのこと。

高2以降は「論理国語」「文学国語」「古典探究」「国語表現」から2つ選択となるそうです。そうすると、文学にまるで触れない人が出てくるのよね。論理国語を学んだからといって、論理的な思考は出来ますかね?論理的な思考は、数学からの方が学べる気がするし、何しろ文学が抜け落ちる事で、今でも読まれなくなっている近現代の文学にまるっきり触れない人が出てくるという事になります。
舞台文化は、歌舞伎なんかもそうだけど、文学の要素がふんだんで、文学の教養があると尚更楽しく観れるもの。高校生の時に退屈に感じていた授業がある日突然、目の前の舞台と繋がる事もあるのです。読むもの、減らさないで欲しいなあ。

by mareemonte | 2019-11-29 07:48 | 劇やら映画やら | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mareemonte.exblog.jp/tb/29790547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2020 お節料理 東北土産いろいろ >>