人気ブログランキング |

メタルビーズ教室は8月までお休みです。教室の皆様とは秋にはお目にかかれますように。インスタグラムやってます。metalbeadsroom 下の青いアイコンをタップしてください
by mareemonte





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
京都
マレーシア
イギリス
ダニエルウエリントン
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
散歩
東北
国内旅行
2020日記
自粛生活
stay home
韓国料理
未分類
以前の記事
2020年 05月
2020年 03月
2020年 01月
more...
タグ
(368)
(287)
(158)
(84)
(72)
(57)
(53)
(52)
(50)
(45)
(44)
(40)
(39)
(39)
(32)
(27)
(26)
(25)
(23)
(23)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
画像一覧
翠香園のギョクタイコウ
翠香園のギョクタイコウ_b0048834_1116813.jpg


ギョクタイとは漢字で書くと「玉帯」。木の実をはさんだお菓子の総称だそうです。
翠香園のギョクタイコウは神奈川県のお菓子に認定されていて総理大臣賞もとったことのあるという品。

こちらには5つの木の実がはさんであります。落花生、胡桃、ココナツ、胡麻、すいかの種。ここに肉を加え、練り上げ、28分オーブンで焼いて作るのだそうで、ぎっしり詰まった木の実が濃厚な味わいでした。

パール・バック「大地」という中国を舞台にした小説があります。王龍という貧しい農民が大地主になりあがっていく様を描いたものです。

王龍の妻、阿蘭は醜女で、非常に働きもので、粘り強く、辛さも言葉にしないような人でした。
妊娠していた時も普段と変わらず畑へ出て、たんぼの畦道で子供を産みおとし、そのまま子供を抱いて帰ってくるほどの強靭な精神力と体力の持ち主でもあったのです。
料理上手な阿蘭は月餅も自分で上手に作りました。

「王龍は、豚の脂身と白砂糖を買ってきた。阿蘭はその脂身を、なめらかに、白くしてから、米の粉を持ってきた。この米の粉は、彼らの田で作った米を、必要に応じて牛にひかせられるようになっている石臼でひいたものだ。彼女は、それに脂身と砂糖を加えて、いわゆる、月餅という正月の菓子を練りあげた。黄家では、これを正月に食べているのだ。」(小説より引用)

そんな阿蘭が妻だったからこそ王龍は豊かになっていけたのです。
でも王龍は豊かになっていくと愛人を作ります。
愛人は美しく、纏足をしている。阿蘭は地主の下女で働かなくてはならなかったから当然のこと纏足などしているはずがない。
纏足をしているような女が自分のものになる。王龍は愛人を自分の屋敷の敷地内に住まわせ、その女に夢中になるのです。

阿蘭はそれでも何も言わなかった。
でも一度だけ言ったことがあったのです。

それは自分が仕えていた地主の家が混乱の中、たくさんの人間に押し入られ、金品を強奪された時、そこで働いていた阿蘭は土壁の中に宝石が埋められていたことを知っていた。阿蘭はかくされていた真珠をどさくさにまぎれて自分のものにしたのでした。

その阿蘭が持っている真珠を愛人が欲しいといった。
王龍は阿蘭にそれを自分の愛人にくれてやれ、と言うのですが、阿蘭は断ったのでした。

脂で練られた中国菓子をさくり、と噛むとどうしてもこの話しがいつも頭をよぎります。

畑を増やし、身を粉にして働き、子供も産んだ阿蘭。でも夫は自分のことを省みることはなく、失意の中で死んでいった阿蘭。

彼女が作った月餅はきっとしっかりとした的確な味付けで、ゆるぎない大地の香りがしたことではないかと思います。

翠香園のギョクタイコウは日本向けにアレンジしてあるのか、大陸で食べる中国菓子ほど脂っこくなく、胃にもたれることもありません。木の実の持つパワーを菓子に仕立てあげ、おいしいながらも体のエネルギーに確実に変えていく中国の底力を感じました。

今日は春節。中国のお正月です。
by mareemonte | 2006-01-29 11:34 | 中華街 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://mareemonte.exblog.jp/tb/4089105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kana3160 at 2006-01-29 16:04
うまくは語れませんが、なんか鳥肌が立ちました。。。
私も今度、月餅を作る時は、この話しを思い出しながらこねそうです。
思わぬ力が入ったり・・・して。。。
Commented by amazing-charko at 2006-01-29 21:37
すばらしい!mareemonteさん、インテリジェンス感じちゃう。阿蘭は、韓国語で表すと、恨、の精神な人なのかな?って思う。阿蘭のような女性について、mareemonteさんは、どう思う?そういえば、韓国もお正月だわー今年は確か2月が2回の年だったような、、、わしんちのお葬式、イルボン半分、ハング半分なんで、泣き屋さん来てた。小さいとき、それがその場の雰囲気を盛り上げすぎて、みんなの悲しみがすごく見えて、怖かったわ。悲しみをまつる儀式って感じで。日本は、なんで新暦なの?
Commented by lukes77 at 2006-01-30 15:26
月餅はハンの味?(笑)
↑のちゃこさんと同感でmareemonteさん、知的で素敵です!!惚れ治してしまいましたよ^^
ちょっと変なことを聞いてもいいですか??肉ってあの・・・具の意味ですか?それともお菓子の中に肉が・・。
月餅は量が多くて少ししか食べれませんがちょこっとつまんでお茶等と飲むと美味しいですよね!

丁度同僚がタイに出張中なんですが、タイの中華料理屋さんは旧正月もあって華僑の人でとても賑わっていたようです^^(ついさっきメールがきました)
この手のお話し大好きなんですよぉ~っ♪
これからもお菓子にまつわるお話し沢山聞かせてくださいね!!
Commented by sai at 2006-01-31 09:40 x
マレ様。今日のお話とてもよかったです。オランウータンのお話でも思ったのですが、ほんとに高い教養と知性をお持ちの方なのだなとおもいます。自分の考えをしっかりと持っており、又それを理路整然と話すことができる。そして、お子さんも小さい頃からインドネシアに連れていくなどしてグローバルな子育てをしておられる。本当に素晴らしいです。お子様の成長が楽しみです。なのに、お茶目なところもおありで、マレ様はとても魅力的な方です。
Commented by peas at 2006-02-01 10:04 x
よいお話をありがとうございました。何気なーく口に放り込んでいた物にこんなお話があったこと...そもそも材料にすいかの種とかお肉が入っていた事にすら気付かずにいたくらいです...月餅の重みはこんな逸話の重みなのかもしれませんね。改めて月餅を頂いてみたいと思いました。それも心して。
Commented at 2006-02-01 20:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mareemonte at 2006-02-01 23:38
KANAさん、月餅もご自分で作られるの?すごーい。手作りだとおいしそう・・。今度作る時は迫力ある月餅になりそうですわ。
Commented by coco-tomoot at 2006-02-01 23:39
mareemonteさんはじめましてトモです。↑のチャコさんのところからとんできました。
パールバックの「大地」、好きな小説なので思わずコメントしてしまいました。阿蘭の作る月餅・・・重みのある味わいでしょうね。また読みたくなってしまいました。
↓のオラウータンのお話も考えさせられました。私はシンガポールの動物園で抱っこしたことがあります。そのときはまだ独身でしたが、抱っこをした瞬間確かに「母性」を感じました。絶滅の危機・・・できることを少しづつしていくしかないのでしょうね。
リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
Commented by mareemonte at 2006-02-01 23:48
CHARKOさん、阿蘭は私にとって高校の頃の憧れの人でね、このくらい強かったらいいなーと思ってたんだ。恨の感情とはまたちょっと違うかも・・。小説通しで読むと・・。
お葬式、ハングだと全身白のチマチョゴリでしょ?イルボンは黒でしょ?どっちを着るのかしら。ハングのお葬式って泣き屋さんが来るのか・・。すごく泣くもんね・・。
日本って何で新暦なんでしょうか。知らないのです。ごめんね〜。
Commented by mareemonte at 2006-02-01 23:53
LUKESさんは私を知っているでしょう・・。日にちを間違えたり店の住所を間違えたりするお間抜けさんです・・。
肉、うぉうぉうぉ、これだと分かりづらいわね、餡子のことですわ、申しわけございません(泣)
タイの中華料理屋さんで旧正月を祝うのって楽しそうだね〜。
爆竹ならしたりするんだろうか。
Commented by mareemonte at 2006-02-01 23:56
SAIさん、私が教養があるわけではなく、周りの方が知識が高くてそれを享受してるだけなのです。面白い話しだから私だけが知っているのももったいなくてここで記していたわけですが、面白がって下さる方が多くてよかったなと思っています。
SAIさんに会ってがっかりさせないようにしなくちゃ〜(汗)
Commented by mareemonte at 2006-02-02 00:02
PEASさん、ギョクタイコウは月餅とはちょっと違うのです。月餅の方がもっと重くてどっしりしてるかしら・・。分かりづらくてごめんなさいね。
すいかの種って中華系のレストランで前菜で出る時があります。
ギョクタイコウに入っていたのは知らなかったけれど。
月餅は季節によって入れる具が違うとお店のマダムが仰っていました。
Commented by mareemonte at 2006-02-02 00:02
鍵コメさん。もっちろんですよ〜。
こちらこそよろしく御願いいたします!
Commented by mareemonte at 2006-02-02 00:08
トモさん、初めまして。ようこそいらっしゃいました!
大地、面白いですよね。パールバックって中国人じゃないとは思えないほど風景描写が上手で筆力が圧倒的で・・。
オランウータンのように人間と近い類人猿が絶滅の危機に瀕しているのは本当にシリアスな問題だと思います。出来るだけ保護に協力出来たらなあ、と思います。リンクのこと、有難うございます。
これからもよろしく御願いいたします!
Commented by peas at 2006-02-02 10:46 x
混同しちゃいました。すみません。間違えちゃったお陰で月餅にも季節があることを教わって嬉しかったりしてます。なんとなーく中華街に足を運んでいた私ですが、新しい楽しみ方をありがとうございます。それから、最近、お忙しそうですが、元気ですか?お身体大切に。
Commented by mareemonte at 2006-02-04 06:33
peasさんも中華街、お好きですか?
活気があっていいですよね。
私の最近は忙しいのは忙しいですが、まあなんとかやっとりますです、はい。柚子茶を飲んで喉を守っておりますー。来週はさすがに風邪はひけないもんねー。発表会、楽しみですな!
<< 肉骨茶(バクテー)/マレーシア... 母のないオランウータンはどう育... >>