インスタグラム始めました。mareemonte3です。
by mareemonte
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30





インスタグラム
mareemonte3

メタルビーズ教室

・横浜教室
平日行っております。
ご希望の方は
hayatayuko@gmail.com
へご連絡頂ければと思います。
詳細をご連絡致します。

メタルビーズ教室は分教室は一切ございません。





ご質問等は
mareemonte@excite.
co.jpまで。内容によってお答え出来ないこともありますのでご了承下さい



【ウーマンエキサイト】ゴールドブロガーに選んで頂きました。



・メディア


2008年 STORY


2009年 女性自身


2010年 VERY

カテゴリ
全体
メタルビーズ教室について
メタルビーズ
お弁当
重箱
劇やら映画やら
本と料理

韓国 
村上信夫
マレーシア
京都
上海
香港
中華街
季節行事
パン
茶・コーヒー
台所
レシピ
和食
アウトドア
おやつ
美味な店

パーティー
コスメ

マレビーズ
中国
きれい
朝ごはん
台湾
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
タグ
(358)
(282)
(148)
(80)
(58)
(52)
(50)
(48)
(48)
(41)
(39)
(39)
(39)
(32)
(26)
(25)
(25)
(23)
(23)
(22)
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:おやつ( 228 )
ピュイサンスのマカロン
b0048834_9383538.jpg



お友達にもらったピュイサンスのマカロン。
おいしかったらしいです。子供に全部食べられてしまいました。
ううう〜。今日買いにいってリベンジ果たしてやる〜。今度こそ食べてやる〜。

いつもどうもありがとう。
[PR]
by mareemonte | 2006-01-15 09:41 | おやつ | Trackback | Comments(19)
ル ショコラ ドゥ アッシュ
b0048834_13355741.jpg



昨日は早めのクリスマス会を友人と我が家で。
お土産にル ショコラ ドゥ アッシュのチョコレートを頂きました。私、初めてなんです、ここのチョコレート。ずっと恋焦がれていたので嬉しかったー!美味の噂は各方面から聞いてましたもんで。

お味は「わたしはカカオマスと申します。どうぞよろしく」とチョコが全身で訴えかけてくるような濃く、存在感のあるカカオマスにとろりとした甘さが練り込められていて、あはははは〜、おいしい〜、腰くだけ〜〜。

ふと見ると子供が二人こちらをうかがいみておる。
「あー、このチョコねー、辛いよー」
「大人の味だからねー」
「子供にはおいしくないよー」
大人が子供にチョコ否定フレーズをあびせかけてチョコへの興味をなくそうと必死の作戦を練ってみるも子供心に「そんなはずない」と何か感じとるものがあったのであろう、一瞬をついて箱からチョコが2つ消えている。や、やられた・・。
ぐるっと子供の方を見ると私を見て目が怯えながらも恍惚とした表情を浮かべる子供二人。くー、そんなお高いチョコの味を今から知ってどうするねんー!

すごく濃い味だから子供には正直どうかな?と思ったのですが大人が食べて絶品と思うものは子供もすんなり受け入れてしまうもんなんですね。


貴重なチョコレートをどうも有難うございました。美味でございました。
またおいしいもの一緒に食べましょう!
[PR]
by mareemonte | 2005-12-15 13:56 | おやつ | Trackback | Comments(6)
中目黒 ヨハンのチーズケーキ
b0048834_10511040.jpg


先週は中学時代の友だちとランチをしました。その時お土産で持ってきてくれたのがこのチーズケーキ。
「地元ではおいしいっていわれてるの。お口にあうといいのだけれど」

このケーキ、私は実は前から食べていました。成城石井というスーパーでこのケーキがカット売りされていて、その大ファンだったから。さすがに四半世紀近く友だちやっていると味覚も把握されてるもんだね。伊達にミスタードーナツに学校の帰りに寄りまくって10点集めてオサムグッズを集めた仲でなかったな。ふ。

”材料 オーストラリア産のフィラデルフィア・クリームチーズ(クラフト)、オレンジとレモンの皮のすりおろし、生クリーム、無塩バター、卵黄、グラニュー糖、薄力粉(クッキーの部分)
※公害食品は一切使っていません

無着色、無香料、無水、保存料などは一切使用しておりません。開店以来、同じ材料と同じ分量で作り続け、厳密な製造工程で焼き上げていますので、味はつねに変わらず一定。冷蔵、冷凍でも一週間ほどは味をおとさずに保存できます。でも、なんといっても、つくりたてが一番! ”

お店のパンフレットを見ると材料へのこだわり、製法への真摯な態度、チーズケーキへの愛があふれているのがひしひしと伝わってきました。

こちらのチーズケーキは初めてホールで頂いたのですが、カット売りよりも断然おいしいです、ホール。これ正気を保っていないと節分のふと巻きのように恵方を向いて
一本軽く食べてしまえそうでした。あー、あぶないあぶない。チーズケーキってなんて危険なんだろう。


ヨハンはこんな店です

どうも有難うね!また御飯、御一緒しましょう!!
[PR]
by mareemonte | 2005-12-13 11:09 | おやつ | Trackback | Comments(14)
デメルのザッハトルテ
b0048834_7465199.jpg



原宿のクエストビルが出来たのは17年前の春だった。
一階と地下一階がポロラルフローレン、2階が資生堂のザギンザ、一階には他にイタリアンレストランとデメルが入っていた。

当時のデメルには店をとりしきるのは妙齢のマダムだった。
いつも髪は夜会巻きにしており、紺色のワンピースに薄い紺のストッキング、エレガントな7センチくらいのパンプスを履いてしっかりとメークされたいかにもヨーロッパな雰囲気の方だった。

初めて食べたザッハトルテはこの店でこのマダムのサーブだった。
薄暗く格調高い店内で素敵なマダムが運んできたザッハトルテ。
おいしかったけど緊張もした。

つい最近クエストビルの前を通りかかった。
一階と地下一階に入っていたポロラルフローレンは蛍光灯の光がギラギラしたドラッグストアになっていた。イタリアンレストランだった所はスポーツメーカーブランドの店となっており、2階のザギンザだった所はローラアシュレイになっていた。

デメルだけがそこにあった。

懐しい気持になってふらりとデメルのドアを押した。
店内は昔とまるで変わらない。
でも何か違う。
それはすぐに分かった。

あのマダムはいなかった。

かわりに若い子が4人くらいいた。

「ザッハトルテ下さい」
「御帰宅までお時間かかりますか?」
「はい」

若い女の子はザッハトルテの入った紙袋を片手でひょい、と客の前に持ってきた。

背筋のピンと伸びたマダムがここにいたらどうしていただろうか。
きっとその紙袋をマダムが受け取り、両手を添えて優雅に客に渡し直していたかもしれない。

デメルのザッハトルテは変わることなくおいしかった。
でもそれを食べた私の気持ちは昔と違うようだ。

店が変わり、人が変わり、自分も変わる。
時間がたつという事は変わっていくということだ。

そういうことだ。
[PR]
by mareemonte | 2005-04-01 08:11 | おやつ | Trackback | Comments(2)
油田持ってる人が好んで食べるチョコレート
b0048834_1136209.jpg


今、中東のリッチ層で受けているチョコレート「Patchi」日本未入荷。
レバノン、サウジアラビア、UAE、クウェート、シリア、ヨルダン、イエメン、チュニジア、エジプトなどの中東諸国とフランス、イギリス、ポーランドなどのヨーロッパ諸国、他、インド、ブルネイなどの国で売られています。

中東のお金持ちって桁が違いますよね。以前フランスに行った時ヴィトンに入ったのですが奥の部屋にお金の匂いのする中東の方らしき一群を発見いたしました。
「これはこれはハシム様〜〜〜〜〜〜(仮名)」とマネージャークラスであろう従業員が揉み手をしながら飛んできて(ほんとに飛んでたよ)接客をしていたのでした。
すると出てくるわ出てくるわ、ずらららららら〜〜〜〜〜と並ぶヴィトン商品。
ハシム様(仮名)は椅子にゆったりと座って従業員の説明を優雅に聞いていなさる。
するとだな、ハシム様(仮名)ひょいひょいっ、とサインするではないか!
ちょっとお待ち下さいよ、ハシム様(仮名)。これ全部買うの?あんたの手は2本でしょ?どうやって持つのさ、その鞄達。あんたの手は千手観音か?


いえ、ハシム様にはお付きがいらっしゃいました。自分で持たなくていいのね←いやね、まったくこの発想がなかったわ。ほほほ(乾笑)

そんな層の方々がお好みになってるチョコレートだそうです。
こまかく刻まれたナッツが入ってました。割とあっさり目。暑い国のチョコレートだからでしょうか。

暑い国でチョコレートを食べるって絶対クーラーのかかった部屋ででしか無理ですよね。中東のチョコレートはリッチの象徴なんだろうなあと思います。
[PR]
by mareemonte | 2005-03-29 11:59 | おやつ | Trackback | Comments(0)
大仏グミ
b0048834_11323949.jpg



大仏食べちゃっていいのでしょうか。
しかもコーラ味。

鎌倉の長谷にある駄菓子屋さんで買いました。
大仏グミは5個いり。これとソーダ味の江の電グミも5個入って200円。


大仏ってなんか好きです。
[PR]
by mareemonte | 2005-03-29 11:35 | おやつ | Trackback | Comments(2)
卵の旬って春なんですよね。
b0048834_10192680.jpg


冬の束縛から解放され春の復活を喜ぶ、というお祭りがイースターですが何故そのお祭りのシンボルで卵が使われているかというと「卵は生命のもと」みたいな考えらしいのですよね。
現在では卵はいつでもスーパーに行けば買えるし、値段もだいたい一定で旬もなさそうなものですが、本当は卵にも旬があって、それは春なのだそうです。小学校の頃、養鶏場をやっている家の子が教えてくれました。春のたまごは濃くておいしいのだそうです。これぞ生命の復活じゃ。たまご、ばんざーい。

写真はハワイに住んでいる友人が送ってくれたイースターエッグをかたどったチョコレート。小さくてひとつふたつバッグにしのばせておくのに丁度いい大きさのミニミニエッグチョコです。春らしいパッケージでとってもかわいいですよね。
空がはるめいてきて、花のつぼみが膨らみ始めるときれいな色を見ると嬉しくなります。花粉症でまるで復活出来てませんが、もっと体の奥底のなにかは復活しているのでしょうか。
[PR]
by mareemonte | 2005-03-16 10:33 | おやつ | Trackback | Comments(0)
キャラメルジャムののったプリンというものを初めて食す
b0048834_10161579.jpg


追記:昨日食べたときよりも今日一晩冷蔵庫で冷やしてから食べたらキャラメルのねっとり感が薄らぎ激うまでした。キャラメルって温度管理が大事だと改めて思いました。



昨日ホワイトデーだったのでお菓子を頂きました。

これは菓子工房オークウッドという所のプリン。
パステルのなめらかプリンにキャラメルがかかった味、というのが一番近い表現だと思うのですが、このキャラメル、キャラメル好きにはたまらない味かもしれない。
キャラメルジャムと呼ばれているようです。
夫と食べたのですが、甘いものが基本的に苦手な夫は「キャラメルが甘い」と言っていましたが。確かにあまいし、食感はねっちゃりとしているのですが、キャラメル自体が非常に高級な味がして美味なんですよね。


そうしたらここのパティシエは新宿のパークハイアットで10年働いていた方でした。うむー。納得の高級味。
お店にホームページはないです。作ってくりゃれ〜。
このお店の一番人気はキャラメル入りのシュークリームだそうなので、キャラメル使いに自信があるのでしょうね。

春日部市八丁目966ー51
048-760-0357


[PR]
by mareemonte | 2005-03-15 10:23 | おやつ | Trackback | Comments(4)
どう見てもクッキーなのになぜにロシアケーキというのか。
b0048834_15365391.jpg


銀座ウエストのドライケーキ。
これは私が小さい頃からおいしいものとして有名なものでございました。
銀座に行くと母はこれを買って帰りました。そして毎日一つずつ大事に食べました。
「一日一個だよ」
絶対に一気ぐいなど許されませんでした。


ずっと変わらないレシピで今も変わらずに愛されているってすごいですよね。
ウエストではドライケーキという名称ですが、この形状っていわゆるロシアケーキと呼ばれるものにそっくりです。

なぜにロシアケーキなのか。
これってクッキーに見えるのですが?

調べてみました。

「ロシアのお菓子を日本風にアレンジしたもの」
という事みたいでした。
ロシアに行ったらこれが「ロシアケーキ」として売られているものではないのですね。
真中にくぼみがあってそこにジャムを入れて食べる「ペニーチェ」というクッキーがロシアにはあるようですが、これが原型なのでしょうか。

b0048834_1556062.jpg


ウエストのクッキーが何故好きかといえば缶が好みだからというのも大きな理由の一つです。うすい品のいいベージュの缶なんですよね。↑こんな感じ。

で、この缶をどうやって使うかというと↓こんな感じ。
b0048834_1558090.jpg


ラッピングについていたリボンは丁寧にアイロンをかけてからこの缶にしまっておきます。10年近くこの習慣は続いているのでリボンもずいぶんたまりました。
そんなわけでリボン入りの缶も5つくらいになってるのですが、色がうるさくないから積んでおいても綺麗なんですよね。重ねられるし。いい収納道具となっております。

またリボンがたまってきたからクッキー買おうかな〜。
ただこのクッキーねえ、おいしいからとまらなくなるんだよね・・・。
もう私に「一日一個だよ」
とぐーっと目で脅す人もいないし。
そしていかにも太りそうな予感のする味なんだよね・・・。

どうするべきか。それが問題だ。
[PR]
by mareemonte | 2005-03-11 16:07 | おやつ | Trackback | Comments(2)
フェスティバロの唐芋レアケーキ 
b0048834_1201294.jpg


雑誌BRUTUSのお取り寄せ特集で見て、いつか食べてみたいなあ、と思っていたのがこれ。スチュワーデスさんがお土産に買っていったのがはやりの始まりだったそうで「スチュワーデスのケーキ」とも呼ばれているそうな。


以前金沢に行くので国内便に乗った時のこと。
金沢はおいしい和菓子がたくさんあるから楽しみ〜、と雑誌の切り抜きをたくさん持参して読んでいたら
「何かおいしいものをお探しで?」
と背後から声が。

スチュワーデスさんでした。

「金沢はおいしい和菓子がたくさんあるって聞いたので」
「そうですよね〜、ありますよ〜。空港だったら「つきよみやまじ」という栗入り羊羹がおすすめですし落雁ならここ、お干菓子ならここ」と
それはそれは詳しく説明くださいました。
そのスチュワーデスさんの目の輝きが尋常ではなかったので「これはお菓子好きに違いない・・・」と思ったのですが確かにおすすめ頂いたお菓子はどれもおいしかったです。

なんかスチュワーデスさんって自腹を切ってる商社マンみたいですよね。
国内国外問わず自腹で自分の気に入ったものを買ってみておいしかったら口こみで伝わって。こうやってメジャーになっていった商品って結構ありますものね。スチュワーデスの何ちゃらってやつ。

ネットで注文したらだいたい一週間くらい。
届いた時は凍っていました。これを解凍して食べるのですが、半解凍がおいしいって人もいらっしゃるみたいですが、私は完全に柔らかくなってから食べる方が好みでした。
思ったより小さくて二口で食べられちゃうのが悲しかったですが、味は地方土産で量産されているものとしてはかなりいけてるのではないでしょうか。これは気に入りました。お値段もリーズナブル。しかも美肌を守ってくれるとあるではないですか!
唐芋はたくさんビタミンCを含んでるらしいです。便秘にも唐芋はいいらしいし。
おいしくてリーズナブルできれいにもなれるならいいお菓子ですよね〜。

今回食べたのは「ラブリー」というものでしたが他にもいろいろ種類があるようです。


お店はこちら

[PR]
by mareemonte | 2005-02-28 12:25 | おやつ | Trackback | Comments(6)